嫌韓流から日本と韓国やマスコミ偏向報道を知った女子の愛国ブログ



嫌韓の常識を覆す韓国潰す方法を学べる「誅韓論」


人気ブログランキングに参加しています。
みなさまの温かい応援のクリックが励みになりますハート(トランプ)
最初にご興味あるジャンルを、ポチッと一回だけクリックお願い致します。
(ランキングは別ウィンドウで開くので、そのまま記事をお読みいただけます。)

  

殺韓論こと誅韓論.jpg



嫌韓本出版ラッシュが続いているようですね。
そりゃ、李明博の竹島不法侵入や天皇陛下侮辱発言嫌韓になった私ですが、
朴槿恵政権になってからは反日度合いがアップしたというか、
最初から反日というか。

あれだけ日本をコケにされて、韓国好きなんて思う神経がおかしいと思いますもの。
嫌韓はスタンダードになった感じがします。

嫌韓ブログも、嫌韓から愛国に少しフォーカスしようかなーと思いつつも
日本人として韓国を許せないからこそ、
韓国情報(当然反日的な…)ばっかり入ってくるのかもしれません。

そんな中、どっぷりハマった韓国本がありました。その名も誅韓論
サブタイトルは殺韓論(笑)…


誅韓論 (晋遊舎新書 S18)


誅韓論(ちゅうかんろん)を実際に読んでみた感想



誅韓論(ちゅうかんろん)とは刺激的なタイトルながら、
知ったきっかけは2ちゃんねるまとめサイトNewsUSのこちらの記事でした。
【拡散】嫌韓本に飽きた人は「誅韓論」を読め!!! 
その内容が す ご す ぎ る と話題に!!!
Amazonレビューが満点の嵐!!! 「従来の嫌韓本とは一線を画する」
「類書を圧倒する嫌韓本の史上最高峰か」


本屋さんに寄る機会がその日にたまたまあったので探してみたところ、
嫌韓本コーナーの真ん中にドンッと置いてありました。
晋遊舎と言えば私も嫌韓女子として掲載させていただきました
嫌韓流でお馴染みの出版社。こういうタブーに踏み込める出版社って何か好きです。

誅韓論を読んだ感想としては、ボリュームが予想以上にすごい!ってこと。
319ページあるのですが、1ページだけで何文字あるのかしら?ってくらいに
ギッシリ書かれているのです。難しい用語はないので読みやすいものの、
一冊読むのにこれだけ時間がかかるってのは珍しいなー、と。

不思議なのが、続きを読みたい、続きが気になってしょうがないってなるとこ。
休日に食事や用事を合間に挟んで、4時間かけて読みきったのです…
お休みの日にどっぷりつかって読んだ方がいい一冊だと、私は感じました。

誅韓論の裏表紙↓

誅韓論の気になる中身.jpg


反面、同じ主張が繰り返し入っているところはありましたね。
忙しい状況にある人は、読み切るのが大変かもしれません。
もう少し効率よくまとめてあると嬉しいなーとも、正直思いました。

けれどすごかったのは、韓国だけでなく、周辺国の存在や歴史など、
東アジア情勢という大きなくくりで考えるクセができること。
彼の国(朝鮮半島)を潰す方法を、基礎的なところから考え直せるというか。
韓国に「潰れていただく」方法を考えるきっかけにあるところだと感じます。

誅韓論(ちゅうかんろん)の気になる中身



結論を究極的にまとめるとすれば、この3つにあると感じました。

  1. 非韓三原則(教えない助けない関わらない)を国民総出で徹底
  2. 朝鮮半島の独立国家は不要、ロシア・中国・日本の三つ巴関係
    東アジアの安定化につながる(歴史的に証明済)
  3. 2016年は日韓戦争か?!現在も韓国からの宣戦布告状況にあるという事実も


3.は、一国の大統領が日本領土の竹島踏み込んだとか、
条約違反となる日本企業への訴訟とか、最近は産経新聞のソウル支局長が
韓国出国禁止や事情聴取受けていることとか。もう既に本来なら。
国交断絶や開戦やむなしの状況にあるということ。

しかし現在だと、日米韓の枠組みがあってアメリカが仲介しようと必死。
でも、韓国は中国に対してアメリカの軍事情報を漏らしているんですって!
もうそもそも、この3カ国の枠組みってのが根幹的に崩れているんですね。

クネの中国共産党への歩み寄りの背景も見えてきました…

そう、2015年末からの在韓米軍撤退が、韓国を潰すベーシックというか
基本的な方向性を作るってことなんですね!

その議論の他にも、じゃあ日韓戦争はどのように仕掛けるのか?とか
戦争というと日本人の生命を脅かす問題になるわけで。
戦闘をするしないではなくって、戦時状況になった時に問題になるのが、
在韓邦人と、日本に60万いる在日朝鮮人の問題です。

今は実体的には戦時状態にありながら、国交は止まっていない。その原因って
結局のところこういう主張にあるんでしょうね。

韓国には安全保障上の絶対的価値がある!!!


こういう一般的に言われている、日韓が仲良くしないといけない理由についても
第四章のところでメッタ斬りにされています…

誅韓アクションプランは実行できるのか?



誅韓論の最後を彩る、韓国に天誅を課す日本としてのアクションプラン。
私達日本人の子孫を守るための闘いだとも書いてあります。
個人的にはその通り!けれど、この流れもどんどん出てきている予感もしました。

確かに、今のままだと難しいんです。
けれども、韓国製品は買わないとか、韓国企業との取引禁止とか。
国民一人ひとりができる範囲で非韓三原則の「関わらない」を実行することで。

韓国経済はガタガタになり、中国共産党朝鮮自治区になり…(以下略)ってのは。
今からでもできることだなーと感じました。

結果世論形成にもなるでしょうし、じゃあ在韓米軍撤退の時には??
私達国民のアクションで下地を作っていく必要も感じたワケです。

以上、私なりの誅韓アクションプランを持ったわけですが、
読む人によって捉え方は大きく変わるかも。
韓国を潰したい…こう思う方にはぴったりな一冊だと思いますよ。

誅韓論を実行するにふさわしいアクションプラン第一弾(署名活動)はこちら!

【テキサス親父】韓国から米軍を撤退させろ!ホワイトハウス署名開始! 2014/07/30
ホワイトハウスの署名方法についても丁寧に解説されているので
簡単に署名ができますよー(*^_^*)


誅韓論 (晋遊舎新書 S18)

誅韓論をAmazonで探す
誅韓論を楽天市場で探す









【この記事をツイッター(Twitter)で拡散する】






日本ブログ村のランキングにも参加しております。
この記事が面白かったなーと思われた方、応援の1クリックを
いただけますと幸いです♪
ランキングは別ウィンドウで開きます(^_-)-☆

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村


嫌韓流から日本と韓国やマスコミ偏向報道を知った女子の愛国ブログTOP


posted by なつこ at 2014年08月23日 | Comment(18) | TrackBack(0) | 韓流離れ・反韓流(概要) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする