嫌韓流から日本と韓国やマスコミ偏向報道を知った女子の愛国ブログ > 汚鮮と除鮮



特定秘密保護法に賛成する4つの理由(阿比留瑠比さん応援ブログ)


人気ブログランキングに参加しています。
みなさまの温かい応援のクリックが励みになりますハート(トランプ)
最初にご興味あるジャンルを、ポチッと一回だけクリックお願い致します。
(ランキングは別ウィンドウで開くので、そのまま記事をお読みいただけます。)

  

特定秘密 民主政権の秘匿をメディアはどう報じたか(MSN産経ニュース)

日の丸.jpg

特定秘密保護法の反対意見ばっかりを流すテレビ、新聞…

テレビを付ければ、特定秘密保護法案を強引に通そうとしていると報道。
新聞が目に入れば、特定秘密保護法案で言論の自由がなくなるとか、
日本人のための知る権利とかさんざん。。


だいたいマスゴミのみなさん、日本国民のための報道をしていないでしょ?
中韓のための報道をしているじゃないですか。
いかにも私達国民の声を代表しているみたいな立ち位置を勝手に捏造して、
中国韓国をゴリ押しする心はなんでしょ?
こういうのをステマって言うんですよーーーー!!!

そんなマスゴミ一色の中で、すごくまともな記事が
MSN産経ニュースに書いてありましたので、ご紹介させてもらいました。

阿比留瑠比さんのコラムやFacebookが人気なワケ



特定秘密 民主政権の秘匿をメディアはどう報じたか(MSN産経ニュース)

阿比留瑠比さんのFacebook

阿比留瑠比さんとは、産経新聞社のベテラン記者で、現在は政治部にいらっしゃるそう。
産経新聞は朝日新聞(アカヒ)や毎日新聞に比べてわりと中立的と思いますが、
記者によって保守からリベラルまで分かれる印象がありますね。

阿比留瑠比さんは、こちらの嫌韓ブログにたどり着く人にとっては
なるほどーって納得できる記事が多いですね。

非インターネット国民でも、テレビをつけりゃ、新聞を読めば毎日毎日…
トクテイヒミツガーーー(ニダ)!!
ヨトウガーーーーーーーーーーー!!ジミンガーーー!!!

…と繰り返し報道。特定秘密保護法案に賛成をしている国民の声は完全無視。
中立とは言いがたい報道体制に疑問を持っているのではないでしょうか。

年末実家に帰ったら、ネットをしない親にも、反応を聞いてみようと思います(*^_^*)

朝日新聞が歪んでいた



アカヒこと朝日新聞が偏っているのは今に始まったことではないですし。
従軍慰安婦も、アカヒこと朝日新聞の捏造記事ですからね。

とはいえビックリしたのが、インターネット版朝日新聞の
特定秘密保護法案に関する特集記事!!

特定秘密保護法案の問題点を問うっ!ていうコーナー
朝日新聞_秘密保護法案.jpg

特定秘密保護法案に異議アリ!って。賛成!ってコーナーはないのね(^_^;)

秘密保護法案に意義あり_アカヒ.jpg

この特集の問題点は、反対意見だけ載せていることです。
反対意見に名を連ねている人の傾向が見えるようなものですが…
風前の灯火と言いますか、もうあまりの必死ぶりに笑いが込み上げてきます。


特定秘密保護法案に賛成の理由



国民の多くの反対意見を押し切って可決
と報道するマスゴミ。とんでもない、多くの国民はですね。
特定秘密保護法案に賛成しているはずです。


    特定秘密保護法案に賛成する4つの理由
  1. 日本国、国民の安全を守るためには
    秘密事項を漏洩させない仕組みが必要だから
  2. 公務員とて、職務で得た機密情報を漏洩させないのは基本的義務
    (一般企業だって、社外秘情報を漏洩した時は懲戒解雇などの罰則がある)
  3. 特定秘密漏洩に対して明確な罰則がなかったから、
    尖閣諸島の中国漁船衝突事故のような特定秘密に当たらない情報の制限という
    許せない問題が起こったから
    (語ると長いので、詳細は阿比留瑠比さんのコラムで。)
  4. 日本に情報ダダ漏れのスパイ天国状態が続けば、
    他国と同等の防衛情報を得られないから


3つ目の尖閣諸島に関しては、阿比留瑠比さんのコラムに書かれたものを
念のため抜粋しておきます。

海保は映像を即日公開するつもりで準備していた。
中国に過剰に配慮した菅政権の恣意(しい)的な横やりがなければ、
もともと「秘密」でも何でもなかったのだ。



激しく同意、略してハゲドウ(禿同)!!!

「国民の知る権利ガーーーーーー!!」って言いますけど、
そんなのマスゴミがとっくに情報遮断しているじゃないですか。
中韓にとって都合の悪いことを報道しない権利。在日朝鮮人による犯罪は
通名または匿名報道しちゃったり。今さら何を!って思いますね。

特定秘密保護法案に必死に反対するマスコミは、彼らの言うところの
自由な報道に対しての規制というか危機感もあるのでは?
つまりは、国民のためではなく自分たちのための必死の反対運動でした。

チャンチャン(^_^;)

◆以前の記事に特定秘密保護法案のパブコメ(終了済)と絡めてまとめています
【9/17まで緊急!】特定秘密保護法(スパイ防止法)賛成意見を出そう!







【この記事をツイッター(Twitter)で拡散する】






日本ブログ村のランキングにも参加しております。
この記事が面白かったなーと思われた方、応援の1クリックを
いただけますと幸いです♪
ランキングは別ウィンドウで開きます(^_-)-☆

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村


嫌韓流から日本と韓国やマスコミ偏向報道を知った女子の愛国ブログTOP


posted by なつこ at 2013年12月06日 | Comment(2) | TrackBack(0) | 汚鮮と除鮮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

世界でも迷惑なシナ(中国)&朝鮮(韓国)人


人気ブログランキングに参加しています。
みなさまの温かい応援のクリックが励みになりますハート(トランプ)
最初にご興味あるジャンルを、ポチッと一回だけクリックお願い致します。
(ランキングは別ウィンドウで開くので、そのまま記事をお読みいただけます。)

  

↓嫌韓ブログですが、たまにはいい風景も…
ノースショア.JPG



海外旅行から戻ってきました。
みなさま、コメントを多数いただきまして、本当にありがとうございました!!
頂戴したコメントは引き続き読ませていただき、
気になる記事はピックアップしていきたいと思います。

私が久々に海外に出て、つくづく実感したことを書きたいと思います。
大きく2つです。

1)海外旅行に出る韓国人、シナ人の急増
2)韓国人&シナ人旅行客の言動は世界でも迷惑かも?!

です。完全に私主観なのですが…
大なり小なりの実害(?)もあるので、あえて書かせていただきますヾ(*`Д´*)ノ"


韓国へは嫌韓前の2000年代後半に、約10回ほど旅行しました。もちろんその間は、
いわゆる一般観光地(ハワイやグアム、サイパンなど)には行っておりませんでした。
約10年ぶりに機会あってハワイに行けたものの、ビックリしたのは…

どこもかしこも、シナ人だらけなこと!!

10年前はハワイでも特にワイキキの中心は、日本人ばかりだと感じておりました。
あちらこちらから日本語が聴こえてきて、海外にいることを忘れかけたものです。

2013年のハワイも、ワイキキの繁華街では同様に日本語が聞こえていました。
が、しかし!!ふと油断をするとあの言葉が聴こえてくるのです。。
そうです、シナ中国語です!!しかも声がうるさい!!

心優しい私(笑)は、
「いやいや、もしかしたら台湾の人かもしれないし…」
と、沸き立つ怒りの感情をぐっとこらえました。
実際に台湾の方々も現在は標準語として、いわゆる「中国語」を話すそうです。
いわゆる「中国語」とは、私達日本人が学習する標準語のことですね。
台湾の方々の話す言葉は、なんとなくキレイ。
私達日本人の話す「中国語」に似ているような。さらっと発音される印象です。


ハワイのそれ(聴こえてくる中国語)は、なんだか違うのです…あきらかにシナ人らしい
巻き舌満載の大声の、つばがいっぱい散らかるような中国語!!

言動もですよ。狭い道なのに大勢で横に列する、迷惑団体行動!!
ハワイのおだやかな風景を感じながら歩いていて、後ろからあの言葉が聴こえてくると
ぞっとします。なんというか、背後から刺されそうな感じで…

宗主国様の中国に続き…前回のハワイでは皆無というか、
ほとんど聞こえてこなかった韓国語というのも耳についてきます。
2000年初頭は韓国語なんて。ハワイでは見たことも聞いたこともありませんでした。

しかし…ホノルルのショッピングセンターにはところどころにハングル看板が…
さすがの借金大国韓国らしく、海外で使えるクレジットカードの広告でした。
ふと目をやると、安っぽ〜いグ●チの偽物バッグを携えるチョソが4人。
シナ人に続いてこれまた道を占領します…


そう、京都でシナ人に参拝をジャマされた日を思い出しました!!

↓ハワイの韓国語看板は撮影出来ませんでしたが、羽田空港のサムスンステマをどうぞw

サムスンのステマ広告.JPG


シナ人といい、朝鮮人といい。
もう少し静かに生きることは出来ないのでしょうか?
道を占領するように団体行動をするのが彼らの常ですが、ほんの少しでも
周囲の人の迷惑というものをどうやら考えない模様です。


韓国人(チョソ)は、免税店でこれみよがしに買物をするのが好きらしく、
身体の何十倍も幅を取りそうな紙袋をいっぱい抱えた体制で、バスに乗り込んできます。
これまた周囲の人たちは、バスを乗り降りするのに朝鮮人と紙袋で一苦労。。

↓こんなのはまだ序の口だったらしい。あり得ないくらいに迷惑な韓国人旅行客が!!
世界で嫌われる韓国人旅行者
備品持ち逃げ・チップ不払いは当たり前!
海外旅行 1200万名時代…こういう事はもうやめて!



帰国後にパソコンの前に戻った私は、
実際にハワイに中国人韓国人が増えたというデータを探してみました。
けれども、なかなかみつからないのです。

何とか見つけたこれらの記事から、シナ朝鮮人旅行客が増えたという背景は
見て取れるというのが実情でした。

<観光客消費金額ランキング>中国人は一番のお得意様、2位は韓国、3位は日本―米ハワイ
⇒あまりソースにしたくないサイトですが…

消費額、一日当たりは中国人旅行者、滞在中はオセアニアと東海岸がトップ
⇒一日あたりの消費額のトップ3は、中国・韓国・日本(欧米に比べて宿泊費をかけない)

ビサ免除適用で韓国人観光客増加にハワイも期待(2008年11月2日)
⇒観光産業に頼るハワイでは致し方ない現状とは言え、これが韓国人旅行客の急増背景かも

ハワイに中国人や韓国人が増えた理由は、観光産業を盛んにするために、
韓国をビザ免除にしたことや(2013年は、台湾もビザ免除になる)、
直行便の増加などによりアクセスがよくなったことも一因なようです。

しかし、改めて感じたのが、
2009年から3年近く続いた民主党政権による
日本冷遇&シナ朝鮮優遇策の恩恵だったかも?ということ。

民主党政権下ではかなりの円高でした。円高だったということは同じものでも
日本製だと割高になるため、他の国のものを購入します。
つまり、日本のモノが売れにくいですよね。結果、中国産や韓国産が売れる。
中国や韓国のために働いた民主党政権だけあって、
たとえ一部の人でも見せかけだったとしても。中国や韓国が豊かになったのは事実。
そういう恩恵を受けた人たちが、海外旅行に出るようになったのではないのかな…と。

民主党政権の売国策を書き出すとキリがないので改めますが、
中国や韓国旅行客は増えた以上、少しでもいいからもう少し静かにおとなしく
海外旅行を楽しんでもらいたいと心から感じた旅でした。


最後に、色々と調べ物をしてた時にみつけたニュースです↓




日本人は旅行をするなら、反日国家以外の国へ!日本国内もいっぱい旅行をしよう!!

帰国した時にちょうど、ソウルからの帰国便とがっちゃんこしてしまい、
空港内はしばらくキムチ臭く、入国審査の場所でも多くの日本人女性がいて、
なんだかなー。。って感じてしまいました。

先のニュースのように、日本人一人一人が国内であれ海外であれ。
反日国家以外で余暇を楽しめる日本になることを、心から祈りたいと思いました。










【この記事をツイッター(Twitter)で拡散する】






日本ブログ村のランキングにも参加しております。
この記事が面白かったなーと思われた方、応援の1クリックを
いただけますと幸いです♪
ランキングは別ウィンドウで開きます(^_-)-☆

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村


嫌韓流から日本と韓国やマスコミ偏向報道を知った女子の愛国ブログTOP


posted by なつこ at 2013年07月04日 | Comment(8) | TrackBack(0) | 汚鮮と除鮮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シバキ隊・ブサヨ(ブサイク左翼)とはいったい何者なのか…


人気ブログランキングに参加しています。
みなさまの温かい応援のクリックが励みになりますハート(トランプ)
最初にご興味あるジャンルを、ポチッと一回だけクリックお願い致します。
(ランキングは別ウィンドウで開くので、そのまま記事をお読みいただけます。)

  

ダンナが買ってくれました、わーい(●´ω`●)
海外旅行のスーツケースにネームタグをつけるのですが、ネームタグの裏に
旭日旗のステッカーを貼るんだそうです♪ ↓


旭日旗ステッカー.jpg



楽天やアマゾンや色々比較検討したところ、一番安いのがアマゾンだったとか。
送料が160円(関東の場合)かかるので、なるべくまとめて買うといいかもです。
購入先はこちら⇒海軍旗ステッカー


旭日旗の美しさに…本題からズレちゃいました。すみません(^_^;)
今日の本題は、シバキ隊で有名になった
ブサヨこと左翼について書きたいと思います。

シバキ隊とは、在特会が手続きに則ってデモをしているところを
妨害するキチガイ集団のこと。よく保守速報を見ていると出てきます。

保守速報⇒シバキ隊記事一覧


実際に異常さは動画で観た方がいいかもしれませんね。
デモの妨害に車でデモ隊に突っ込むなんてあり得なくないですか?!
5分で見れる動画です!!




ところでよく「ブサヨ」という言い方をするのですが、
ブサヨとはブサイク左翼(集団)のことなのです。
じゃあ左翼ってなんだ?!となりますよね。


嫌韓流3の第三話「反日マスコミの戦後史」に分かりやすく書いてありました。
嫌韓流に限らず、本を読み返してみると一度目で理解出来なかったことが
時間を置くことで知識として入るものだな、とつくづく感じます。

ヨシフ・スターリン.jpg


すごーく簡単に要約をしますと。

1945年の戦後は日本国内でも共産主義思想つまり、
冷戦(ソ連対アメリカ)時代で言えば、ソ連派が多かったみたいなのです。

共産主義ということは、反米反体制です。元々の味方は朝鮮、中国共産党勢力。
当時の学生たちは学生運動で反安保!!
って暴れまわるんですよね。いわゆる安保闘争です。。

結局安保こと日米安全保障条約が阻止出来ずに、日本での共産主義が沈下すると。
国家ぐるみで反日を行う韓国も仲間に入れて、みんなで反日活動をするように。

表向きはキレイな言葉「平和・環境・人権・男女平等」とかいう触れ込みで人を集めます。
街なかでもピースボードのポスターとかで
「世界一周100万円!!」
とかありますけど、船上という逃げ場もないところで、
一体どんな思想を植え付けられるのでしょうか。怖すぎですよね。。

話を戻すと、共産主義思想の日本人(通称:特定日本人)
特定アジアと呼ばれる中国・韓国・朝鮮は、ものすごく相性がいいってことです。
反日ということで見事に一致団結ですからね。

反日(or ,and) 共産思想安保闘争で安保阻止を諦めた学生たちも
それぞれ就職して社会に巣立ち、一見は散っていきます。
彼らが好んで就職したのがまさに、マスコミなんです!!
政治家や公務員にも続々…
権力の集中する組織で日本解体を今でも諦めずに続けています。


マスコミなんかは、このブログでも書き続けているように情報統制機関だからですね。
いわゆる第四の権力!案の定、
偏向報道や捏造や世論操作を繰り返します
韓国朝鮮人の犯罪は通名報道で国籍を一切報道しません。
何も知らないと日本人の犯罪だと思ってしまう凶悪な犯罪が次から次へと。

一方でインターネットで真実を知る日本人が出てくると、
彼らも必死で反日工作に励みます。

最近やたら目にするのは。一見は保守を装うのです。日本が大好き!愛国とか。

けれどもよーーーーく見ていくとこういう流れを作ります。

・安倍晋三は、親米でTPP大賛成&大躍進
・安倍晋三は、日本を愛するフリをして解体する解体屋


ここで私達、まともな日本人は振り回させれてはダメです!!
ブサヨも反日国民も、私達の嫌韓感情以上のツワモノです。日本を憎む意味では。
国民意識の内部分裂も狙うでしょう。彼らとて、戦後70年に渡っても
日本解体を諦めていないのです!!

私は30代ですが、もしこのような思想を持つ両親に育てられていたら、
嫌韓ブログとまったく逆のことを書いているかもしれません。それくらい、
日本解体思想(反体制)の問題は根強いんだと思います。


だからこそ。
「ブサヨーーーー」とか日頃かわいくおかしく書いちゃっていますが、
反日とはどういう人達かを知っておくべきだと思い、あえて
ブサヨ(左翼)の正体について書いてみました。


詳しく知りたい方は嫌韓流3の3章をチェックしてみてくださいね。
嫌韓流3からは、嫌韓に繋がる事実の列挙に加えて
嫌韓化した日本人が考えさせられる一冊なので、最近何度も読んじゃっています(^_^;)


マンガ嫌韓流3 (晋遊舎ムック)


楽天市場はコチラ ⇒ マンガ嫌韓流(3) [ 山野車輪 ]


最後に安倍総理率いる自民党について。TPPの件や、自民党公約で
「えーーーー?」
って思うことは正直あります。けれども、第一次安倍政権が
長期政権になれなかったのはまさに!

安倍政権が出来た後の参院選で、民主党が圧勝したことによる
ねじれ国会が元々の原因だったと思います。


ここで一度考えて欲しいことがあります。
安倍総理以外に誰が新しい日本を作れるのですか?
橋下さん?!ちゃんちゃら笑えます。自虐史観を持っているうちはまだムリです。
石原慎太郎議員や中山成彬議員?!
旧太陽現維新の保守議員は、素晴らしく思います。けれども
維新自体が支持率からすると厳しいでしょう。ねじれ国会にもなりますし。

そうなんです、安倍晋三率いる自民党一択になっちゃうのです。
最近感動した、安倍総理のスピーチをご紹介させていただきますね(^^)




どうでしょう?ブサヨが周辺で騒いでいたようですが、
ちゃんと魂からスピーチしているって思えませんか?

以上、
今の日本の置かれた状況を嫌韓&愛国国民みんなで共有するために
長らく書かせていただきました。

6月中旬から約半月ほどは国内不在のため、コメントの管理やお返事が遅くなると思います。
(この記事は6月12日に書いています)

何か感じることや、緊急的に拡散したいことがありましたら、
遠慮なく書き込みしてくださいね(^^)

私は7月2日に帰国します♪











【この記事をツイッター(Twitter)で拡散する】






日本ブログ村のランキングにも参加しております。
この記事が面白かったなーと思われた方、応援の1クリックを
いただけますと幸いです♪
ランキングは別ウィンドウで開きます(^_-)-☆

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村


嫌韓流から日本と韓国やマスコミ偏向報道を知った女子の愛国ブログTOP


posted by なつこ at 2013年06月28日 | Comment(3) | TrackBack(0) | 汚鮮と除鮮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする