嫌韓流から日本と韓国やマスコミ偏向報道を知った女子の愛国ブログ > 当ブログについて



ブログメンテナンス情報


人気ブログランキングに参加しています。
みなさまの温かい応援のクリックが励みになりますハート(トランプ)
最初にご興味あるジャンルを、ポチッと一回だけクリックお願い致します。
(ランキングは別ウィンドウで開くので、そのまま記事をお読みいただけます。)

  


嫌韓情報をより快適に読んでいただけるように日々
ブログをメンテナンスしておりますのでご報告致します。



Laptop and working lunch. An outside table with a silver laptop, coffee and a sandwich on it. / Rob Pearce


◆2013年8月28日(水)

インターネットエクスプローラー(通称:IE)やGoogleChrome(通称:クローム)での
サイト閲覧で生じていた以下2点の改修を致しました。
1)ツイートボタンがなぜか表示されない⇒ Twitter公式サイトからのツイートボタン設置
※シーサーブログのソーシャルボタン設置機能が、表示されたりされなかったり。
 そのため別途、ツイッターボタンを設置することで対応しました

2)動画サイトYoutubeのリンクが表示されない⇒Youtube公式サイトからのリンク設置

ビフォー
IEでのYoutube動画の見え方.jpg

アフター
Youtube発行のコードに変更.jpg

※参考記事
日本の消費税は増税確定?!国家経済の無知を突く自称経済通たち

今まで閲覧にご不便をかけていたことをお詫び致します。
Youtubeの動画は掲載数が多いので、過去の記事は順次修正していきます。


◆2013年8月8日(木)

コメント欄に大量のスパムコメントが入るようになり、
読者の皆様には読みづらいなど大変ご迷惑をお掛け致しました。

つきましてはスパムコメント防止策として、コメントを入力いただく際の
仕様変更を2点致します。
お手数をお掛けしますが、ご理解ご協力いただきたくお願い申し上げます。

コメント欄仕様変更事項
・お名前欄への入力が必須
・コメント確認時、認証コードの入力必須



◆2013年7月22日(月)

コメント欄に明らかに、当ブログの内容と関係のない商業利用と思しき
コメントが入るようになりました。
誠に勝手ながらあまりにも関係ないコメントは、随時削除させていただきます。

本ブログは嫌韓情報ならびに日本を取り戻すための情報を集めたものです。
あなたの商売のアピールをする場ではありません。
読者さんの残されたコメントや交流の場を壊さないようお願い申し上げます。

また、アダルトや公序良俗に反するコメントも同様に処理致します。
(場合によっては、シーサーブログで反映しない設定になっている場合もあります)


◆2013年7月9日(火)
人気ブログランキングに参加開始致しました!
(栗さん、温かいコメントいただきありがとうございました!)


人気ブログランキングへ

人気ブログランキングとブログ村のブログランキング、双方に参加することにより、
読者さまにとってはより多くの、同ジャンルのブログやインターネットサイトへの
アクセスが簡単に出来ます。

・文頭のご挨拶:人気ブログランキング
・文末のご挨拶:にほんブログ村のランキング
※それぞれ別の、日本で有名なブログランキングサイトです※



◆2013年5月24日(金)
・記事文末のブログランキングのボタンに、
「政治」・「保守」のランキングボタンも追加しました。
(招きねこさま、ありがとうございます!)


◆2013年5月21日(火)

・グローバルナビと呼ばれる、サイト上部のメニューバーを設置しました。

・サイト内検索の不具合を修正致しました。
 (検索文字が、文字化けする現象の解消)

・記事の階層が一目で把握出来るリストを、サイト上部メニューバーの
 一段階上に設置致しました。これにより、トップ画面へ戻りやすくなります。


◆2013年5月12日(日)

・記事を読み終わった後に、同一カテゴリの最新記事一覧を
 ご確認いただけるようになりました。

同一カテゴリ最新記事.jpg







【この記事をツイッター(Twitter)で拡散する】






日本ブログ村のランキングにも参加しております。
この記事が面白かったなーと思われた方、応援の1クリックを
いただけますと幸いです♪
ランキングは別ウィンドウで開きます(^_-)-☆

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村


嫌韓流から日本と韓国やマスコミ偏向報道を知った女子の愛国ブログTOP


posted by なつこ at 2013年08月28日 | Comment(3) | TrackBack(0) | 当ブログについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

嫌韓ブログ運営者なつこについて


人気ブログランキングに参加しています。
みなさまの温かい応援のクリックが励みになりますハート(トランプ)
最初にご興味あるジャンルを、ポチッと一回だけクリックお願い致します。
(ランキングは別ウィンドウで開くので、そのまま記事をお読みいただけます。)

  


ブログを快適に読んでいただけるよう、サイト構成を整理しております。
自己紹介(プロフィール)も幅を取っていたので、細かい情報は運営者情報として
こちらにまとめさせていただきました。(2013年5月20日〜)

基本情報と3つのポイントで書かせていただきますね。


基本プロフィール


◆名前:なつこ
◆年齢:30代
◆居住地:神奈川県
◆活動:J-NSC会員(2012年〜)


なつこの学生時代



いわゆる普通のサラリーマン家庭に産まれ育ちました。
小学校から英語の勉強を始め、語学が得意だったので当然、
語学を活かした仕事をしたいと思っていました。

日本史も好きでした。世界史はカタカナが覚えられなくて没落。
中学生の時に、日本史の授業で先生にこう教わります。


中国と韓国は一番近い国で同一文化圏。
この2カ国と交流していくことが真の国際社会人となる。




この時の授業が、私の20代から30代に影響してきます。

あまり政治の話を家族ですることはありませんでしたが、
選挙権を持つ前に、親からは二つだけ教わりました。
1)選挙権を持つ以上は絶対に選挙に参加しろ
2)●●党は勧誘がすごいから投票しちゃいけない

2)をちゃんと教えてもらったことはありがたく思いました。
政治にまったく関心がなかったからです。
当時は誰が政権を取っても日本は何も変わらない。一票なんて…と思っていました。

選挙も実家を出てからは親の監視の目(笑)もなくなり、
ほとんど投票所へ行かなくなってしまいました。。

今これを書いているだけで恥ずかしい過去です。申し訳ないです。。
だからこそ、これからの成人になるコたちや自分の子や孫の世代は
二の轍は踏ませたくないと心から思います。


自由民主党



なつこと反日国家(中国・韓国)



中学時代の日本史の授業での一言(前述)が、いわゆる進路決定に影響しました。
1990年代、高校生の頃はこんな世論がまき起こっていました。

「中国(シナ・中共)がこれから伸びる!中国語は必須だ!」


英語も好きだったのですが、中国語の方が就職とかチャンスがあるかもと思い、
中国語に携われそうな進学コースを選び、中国語を勉強しました。

ところが、学業を終える頃は就職氷河期…
中国語を生かした求人なんて余裕ぶってもいられません。
苦心の末、金融業界に足を踏み入れます。

12年間ほど、会社員生活を送りました。OLというよりサラリーマン。すごく働き者でした。
残業を終えて帰宅すると、ちょうど22時からの報道ステーションこと
偏向ステーションや、23時台のニュースを見ながら夕ごはんとくつろぎタイム。
偏向報道がされていた事実なんて、全く知りませんでした。


2005年の年末、家族からマイルの特典航空券をもらいました。
対象は、国内旅行またはソウルか釜山までの航空便です。
海外一人旅に興味があったので迷うことなく、ソウル便を予約しました。
韓国と言えども外国(普通の外国だと思っていた!)だし。

念のため言葉も覚えていこう!と思い、
韓国語会話の本に付属されたCDを聴きながら、1ヶ月ほど韓国語を猛勉強。
日本語とも近い言葉で楽しい!と思い、帰国後韓国語教室に通い出します。


韓国語は韓国人の同い年の先生に、ほぼマンツーマンで教わりました。
同じ女性同士、タメということでお友達のように接してくれました。
韓国語が話せるようになればなるほど、韓国語実践のためと称して年に4回は韓国一人旅。
ソウルやら釜山に滞在をして、そこから日帰りで全国各地を転々としました。
日本語が通じない地域に行けば行くほど、ワクワクして韓国語でお話をしていました。

※要注意っ!!
韓国の女性ひとり旅は本当に危険です。
真似しないで…というのが現状のなつこの本音ですが、やむを得ない場合は、
夜道を女性一人で歩かない、貴重品は自己管理など、
海外旅行での安全対策と考えられるもの全てを、
徹底的に行った方がいいと思います。
もちろん知らない人についてっちゃいけません。。



また、語学を勉強する以上は資格取得を目標にした方がいいと、
韓国語能力試験を受け続けます。が、上級クラスはやっぱり難しい!モチベーションが下がり、
韓国語の勉強はすっかり辞めてしまいました。


仕事で忙しい合間も必死で韓国語を勉強していた努力の日々が…
落ち着いたら韓国語も勉強し直そうと思っていた矢先に、その決意がガラリと変わる
韓国大統領の事件が、2012年の夏に起こります。。



嫌韓化と新たな生き方



2012年、勤め続けていた会社を辞めました。
仕事か韓国語(または韓国旅行)しかなかったサラリーマン時代。
これからどうしていくかも考えつつ、ひとまずは人生の休息だと思った頃。
あの事件は起こりました。そう…

李明博(当時)大統領の竹島不法上陸と天皇は謝罪しろ発言!!


政治や外交のニュースに疎かった私ですら、「はっ?!」となりました。
お前は何様なんだよ、あんたこそ謝罪しろよ、と、腸が煮えくり返る思いです。

ふと、彼(現ダンナ)の自宅本棚にあった嫌韓流というマンガを思い出し、
読み始めてみました。

嫌韓流は全冊制覇。インターネットでも韓国を色々と調べていくうちに…
今までの人生からは考えられないほどの真逆のことが、真実だったと思い知らされます。


  • 韓国はまともな国じゃなかった【真実】
  • マスコミは報道しない自由を振りかざし、捏造や偏向報道を繰り返す【真実】
  • 戦後、日本人に自虐史観を植え付けるための歴史教育がなされてきた【真実】
  • アジア各国(世界中?!)は、日本を恨んでる【捏造だった】
  • 安倍1次内閣は成果がなかった…【捏造だった】
  • 麻生元総理は漢字も読めないし賢くないし政治もダメ【捏造だった】


…などなど。数えきれない位に、もう本当にショックでした。
今までの考え方や人生を大否定していくわけですから。



嫌韓流3.jpg


けれども、同時に日本という国の素晴らしい歴史も知ることが出来ました。
日本ってすごい国じゃないっ!そんな日本国民の遺伝子を継いでいるのなら、
自分にも何か出来るはず!!

そう思いこちらの、嫌韓ブログを始めました。

最初は自分が嫌韓や偏向報道を中心に、
インターネットで学んだことだけを、とにかく書いていました。が、
正社員時代、事務作業の効率化のために
マニュアルやテンプレート(文例集)を作成した経験から思い浮かんだのが…
抗議(凸)テンプレートの作成と読者さんへのお知らせです。

どうせ私が、企業や自治体に凸(抗議問い合わせ)をするのであれば、
その文面をみなさんで使ってもらえれば、同じ想いの人が抗議の声を上げやすくなる!
みんなで活動が出来る!!と思ったのです。
おかげさまでツイッターで情報共有していただき、感謝×2の毎日です。


こちらの嫌韓ブログを開始してもうすぐ1年になりますが、
毎日だいたい1,000アクセスをいただけるブログとなり、
嫌韓ブロガーと呼ばれるようになれたこと。本当に嬉しく思います。


今後も私が学んだ(知った)ことの共有や、一人でも多くの人が真実を知ること、
嫌韓日本人の交流と行動の場を作れるように日々更新していきます。



Flag of Japan 日の丸 / urawa




嫌韓ブログ:3つのサイトポリシー



1)週に2〜3回は更新出来ることをモットーとしております。やむを得ず1週間以上
  更新が出来ない場合は、その期間と理由ならびに再開予定を記事に致します。
※2014年は私用のため、週1更新を目標に運営しております
※2014年9月以降業務上多忙に付き、不定期更新とさせていただいております。
またコメントは返信コメントを入れられずすみません…
しかし、皆様のご意見ご感想など一つ一つ、目を通させていただきますハート(トランプ)

2)お問い合わせがございましたらお手数ですが、
  コメント欄にメッセージをいただけると幸いです。
会社様向けの取材お問い合わせフォームはこちらをクリックください

3)当ブログでは、一定のスポンサーやアフィリエイトサイトの支援は致しません。
 読者さんにとって有益になるようなサービスや商品がASP内にありましたら、
 ご紹介はさせていただきます。
 ただし、読者さんにご迷惑をかけない形で内容を厳選し、情報公開の上で行います。
 予めご了承くださいませ。










【この記事をツイッター(Twitter)で拡散する】






日本ブログ村のランキングにも参加しております。
この記事が面白かったなーと思われた方、応援の1クリックを
いただけますと幸いです♪
ランキングは別ウィンドウで開きます(^_-)-☆

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村


嫌韓流から日本と韓国やマスコミ偏向報道を知った女子の愛国ブログTOP


posted by なつこ at 2013年05月20日 | Comment(28) | TrackBack(0) | 当ブログについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。