嫌韓流から日本と韓国やマスコミ偏向報道を知った女子の愛国ブログ > 政治全般



安倍政権が河野談話の検証はしたけど見直しをしない3つの理由


人気ブログランキングに参加しています。
みなさまの温かい応援のクリックが励みになりますハート(トランプ)
最初にご興味あるジャンルを、ポチッと一回だけクリックお願い致します。
(ランキングは別ウィンドウで開くので、そのまま記事をお読みいただけます。)

  




日本政府がとうとう発表してくれました。日本の国益を激しく貶めている
河野談話の検証をした結果、分かった4つのこと。

産経記事より転載↓

  1. 日本側は、元慰安婦への聞き取り調査終了前に談話の原案を作成。
    聞き取り調査結果に対する裏付け調査を実施せず。
  2. 日本側は韓国側に発表文の事前相談を申し入れ、水面下で文言を調整。
  3. 韓国側は、日本側が一部修正に応じなければ
    「ポジティブに評価できない」と通告。
    「日本に金銭的補償は求めない方針だ」とも伝達。
  4. 日本側は「調査を通じて『強制連行』は確認できない」と認識。
    韓国側から慰安婦募集の強制性の明記を求められ、
    「総じて本人たちの意思に反して」で調整


それならなんで、河野談話を撤回しないんだろ?
河野談話見直しの署名活動も日本国民みんなで頑張ったのに!!

気になってしまい調べたところ、大きな3つの理由が見えてきました。
参考にしたサイト情報も含めてまとめておきます。

1.河野談話検証をしたという事実と韓国へのジャブが効いてるから



朝日新聞や毎日新聞の第一報に時間がかかったようですね。
河野談話作成過程の検証結果が出た!談話の“無力化”に向け一歩前進ですより引用

これではまるで、韓国側の申し出を
日本側が全て拒否したかのように読めてしまいます。

また、朝日新聞、毎日新聞は第一報が非常に遅かった。

朝日新聞の第一報は21時58分。
毎日新聞に至っては、何と23時01分でした。

河野談話が“無力化”されては困るから、どんな記事に仕上げれば最も
ダメージが少なく済むか、一生懸命考えていたのでしょう。


もっと面白い反応が、「お隣の国・韓国!」の社説!

【社説】河野談話検証は韓日関係の破たんが狙いなのかより引用

他国ではなく、自国の政府が21年前に発表した
談話について改めて検証を行うこと自体、
正常な国では考えられないことだ。


えっと、仏像を盗んだり自国の人災事故を他国のせいにしているような国
こんなこと言われる筋合いないんですけどね。韓国他社の新聞も軒並み、
河野談話検証自体と結果に対し、抗議するような記事ばかりでした。

パンチがかなり効いているんでしょうね。秘密裏にネゴってた挙句
慰安婦問題解決させるからと、ウソついたくせによく言うよ…

日本には謝らせておけば謝るばかりでお金を出し続けると思われていたのは事実。
河野談話見直しをしたことで、そんな日本国ではないと表明できたことは
よかったのではないでしょうか。

2.河野談話を新談話で上書きする可能性があるから(?)



2つ目の理由は数多くのサイトにもしかして…?と書かれていたことなので、紹介程度に。

河野談話を撤回するよりも、現政権または現在の官房長官による談話を出すのでは?と。
私個人的にはその考え、アリだと思います。菅(スガ)談話ですね。

河野談話ってあくまで談話。閣議決定もされていないものなんだそうです。
現政権がちゃんと閣議決定をした上で発する談話であれば、より効力を持つはず。

まあ、中国韓国は否定するでしょうがね。「菅談話はウソニダ」って。
しかし一般的な国際社会…と範囲を広めてみると、閣議決定をしたスガ談話
検証により覆された、官房長官の発言だけの河野談話。
どっちが信ぴょう性がある、と判断されるでしょうか。

スガ談話を作るなら当然、従軍慰安婦と中国韓国が騒ぎ出した経緯、つまり
フィクションを事実として報道した朝日新聞の捏造についても
談話内に含めてほしいですね。

日本維新の会のまともな人たちとも連携を図って、足元を固めていただきたいです。


3.中韓のロビー活動に対抗する準備をしているから(?)



従軍慰安婦(実際は売春婦)の捏造を中国韓国はお金をかけて必死で世界中で
ロビー活動をしていますよね。
グレンデール市の慰安婦像の一件からもよく分かります。

国際社会って、声を挙げたもんガチなんですって。
確かに、アメリカなんて移民の国ですし、私も海外に行ったらガンガン主張するくらいに、
「察してもらう」
という文化があまりないように感じます。(というより日本人同志の感覚な気もする)

アメリカのニュースも、日本側の記事は至ってシンプルに書いている反面、
英語だけの記事だとすごーく偏っているニュースもあるんだとか(これは未確認です)…

中韓のロビー活動に外務省(外交官)はなかなか対抗できないんだとか。
韓国人なんて見てりゃ分かります。言ったもの勝ちの世界。
その圧力に負けているんでしょうね。

安倍政権では国家でバラバラになっている情報を収集する専門機関を内閣に作って
本格的なロビー活動をするべきだ、という声もありました。



ロビー活動と言えば余談だけど…私も英語が苦手で。けれど日本のために
一歩頑張ってコメントしてみました。アメリカの読者に真実の拡散を…

ブルームバーグの英語版にある河野談話検証の記事を読んでみたら、コメント欄に案の定
中韓の工作員の発言(?)ぽいのがあったので、抵抗しておきました。

ブルームバーグの英語版にコメント.jpg

Natsukoコメントの下の人(The world in peaceさん)が
けっこうまともなこと書いてくれている!

従軍慰安婦があったのなら、一番数の多い
日本人の慰安婦がなぜ名乗りでないのでしょうか?
北朝鮮の元慰安婦は?韓国人の慰安婦だけ、補償を求めていますよね。
当時は、警察官の80%以上が韓国人で占められていた事実があるのに、どうして
守れなかったんでしょうかね?


→英語で紹介した記事:Comfort Women is Koreans’fiction:慰安婦は韓国人の捏造



河野談話の見直しをしない3つの理由まとめ



中韓がお金と勢力をかけたロビー活動の証拠になっているのが河野談話。
河野談話が日韓共作だと政府が発表したことの事実が重要だし、韓国も
火病(ファビョン)発症中…

国際社会では、従軍慰安婦が事実化しかけている。
新しい閣議決定もついた菅(スガ)談話と外務省ではできないレベルの
ロビー活動で対抗措置を準備しているかもしれない。

とはいえども、産経の社説にごもっともな一文があったので書いておきます。。

相手の意向を踏まえ、謝罪を重ねる外交姿勢は国益を害し、国際的にも信用されない。
事実を発信していかねば、過去の問題が蒸し返され、新たな謝罪要求を生むばかりだ。










【この記事をツイッター(Twitter)で拡散する】






日本ブログ村のランキングにも参加しております。
この記事が面白かったなーと思われた方、応援の1クリックを
いただけますと幸いです♪
ランキングは別ウィンドウで開きます(^_-)-☆

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村


嫌韓流から日本と韓国やマスコミ偏向報道を知った女子の愛国ブログTOP


posted by なつこ at 2014年06月21日 | Comment(7) | TrackBack(0) | 政治全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年都知事選で明らかになった保守愛国の輪と弱点


人気ブログランキングに参加しています。
みなさまの温かい応援のクリックが励みになりますハート(トランプ)
最初にご興味あるジャンルを、ポチッと一回だけクリックお願い致します。
(ランキングは別ウィンドウで開くので、そのまま記事をお読みいただけます。)

  

田母神都知事六本木演説.jpg

2014年2月9日(日)に投開票があった東京都知事選。
都民でもないくせに色々と記事を書いたり、応援演説に行ったりしましたが。
結果はご存知、舛添要一が新都知事になりました。

※関連記事
都知事選は誰に投票するべきか?石原元都知事後継者&外国人参政権反対
舛添(ますぞえ)に都知事の資格がない7つの理由

都知事選の結果はニュースサイトに委ねて、私なりに感じたことを書きたいと思います。


東京都知事選の投票率は真剣にヤバイ!関東大雪の状況



最終投票率46.14%…都民の有権者2人に1人が選挙に行っていないこと。
これがかなり問題だったと感じます。

投票率が下がるということは、特定の候補者を入れなさいと指示されて
張ってでも投票所に行く組織票が有利になります。

詳細は以下の記事にて…
2013年参議院選挙に行こう!選挙に行くべき2つの理由

投票日3日前には、数十年ぶりの大雪が関東を直撃するって予報は出ていました。
この時点で期日前投票するなりできたはずです。仕事前後でも期日前投票できるように
投票所は朝早くから夜遅くまでやっているわけですし。

投票日前日は関東大雪でしたが、投票所ってだいたいが徒歩10分圏内なはず。
神奈川県も相当な大雪吹雪でしたが、片道10分くらいなら何とか歩けましたよ。
ましては選挙当日はいいお天気!!足場は雪解けで悪かったものの、
昼間には日当たりの良い通りの雪は溶けていたのが現状だったんです!!

足の調子がよくない高齢者の方には酷だったかもしれませんが、若者。
近くの投票所くらい行けますよね?!

期日前投票という仕組みも今はあるのだから、
仕事が忙しいなんて言い訳にもならないはずなんです!!
だいたい選挙権は20歳以上の成人(大人)に付与される権利なんです。
権利と同時に、国民として果たす大切な義務。
自分の予定すら立てられないヤツが大人なんて言う資格なし。

まあ、これも意識の問題なんですよね。。
政治に興味もない、誰がなっても同じと思ってしまう、自虐史観による歴史教育。
当事者意識のなさ…教育改革って実は一番大切なのかも。


東京都知事選の結果から浮かび上がる恐怖の図



舛添が都知事になったことに関して、私はどうこう言いません。
都民のみなさんが選んだ結果です。私には口出しできません。

しかーし、真剣にコワイと思ったのが各候補者の投票数!!
共産党・社民党推薦の宇都宮が2位ですよ!!共産党…共産主義が2位…

共産主義が世界的に見ても崩壊しているのは明確な事実だと思うのですが…
共産党は人の心に共鳴する政策は言うんです。しかし具体的な実行力はない。
脱原発だっていい例ですよ。じゃあ具体的にどうエネルギー対策をするのか?

聞こえのいいことに騙される成人が一定数いるってことに恐怖を感じるワケです。

脱原発を叫ぶ候補者が二人いることによって票が割れたと言われていますよね。
ってことは、保守派も同じなのかも。池上彰先生もこう言ってたとか…

自民党支持者は田母神さん、公明党支持者は舛添さんに入れたのですかね


そう考えると政治って難しい!万が一何か誤りがあったら、
オリンピックはコンパクトに開いて脱原発とか言う都知事ができたのかもしれません。

細川小泉元首相は実は策士だったのか?と思ってしまいました。。

もう一つ唯一の救いというか希望の光が…NHKの出していた年代別の投票した人一覧。

都知事選年代別投票.jpg

インターネットで情報を取る若者は田母神さん、非ネット住民が多いとされる
50代以上がテレビで推し推しだった細川支持が多い結果に。

日本の明るい未来を感じたワケです。

保守愛国活動に必要な3つのまとめ



舛添も自民党を一度は裏切った人間。普通の感覚なら。
恩を感じてというか、舛添の好き勝手はできないと思います。

自民公明の推薦がなければ都知事にはなれなかったのは、本人もよく分かっているでしょう。。
(まあ神奈川の黒岩の例があるから何とも言えませんが)

田母神さん応援者の中には、安倍総理が推薦しなかったからダメだったのだと
これにかこつけて安部総理を責める動きもあるとか。それも違うと思います。

反安倍勢力、反政府勢力の罠に乗ったらダメです。その点では
在日反日勢力の方が上なんですよー惑わされちゃいけない。
今こそ保守愛国が一致団結していかなきゃいけないんです。

安倍総理の本心はいざしらず、自民党総裁としての立場もあったのでしょう。
舛添の応援演説の表情を見て入れば分かります。苦渋の選択だったはずです。

ここぞとばかりに味方のふりした安倍たたきがツイッターにいます。
みなさま気をつけてくださいね。

今回都知事選で学んだ、
保守愛国政治家を一人でも多く誕生させるために必要な知恵を残しておきます。

  1. 極左政治家が当選しないための行動を考える
  2. 選挙は行って当たり前!周りの人に選挙行ったかを聞いてみたり。
    行っていないならさりげなく期日前投票のことを教えて上げるなどする。
    ※嫌韓ネタを伝えるよりは、精神的にはだいぶ楽なはず…
  3. 反日勢力は愛国保守の分断をいつでも狙っている事実を肝に銘じておく












【この記事をツイッター(Twitter)で拡散する】






日本ブログ村のランキングにも参加しております。
この記事が面白かったなーと思われた方、応援の1クリックを
いただけますと幸いです♪
ランキングは別ウィンドウで開きます(^_-)-☆

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村


嫌韓流から日本と韓国やマスコミ偏向報道を知った女子の愛国ブログTOP


posted by なつこ at 2014年02月10日 | Comment(10) | TrackBack(0) | 政治全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

都知事選は誰に投票するべきか?石原元都知事後継者&外国人参政権反対


人気ブログランキングに参加しています。
みなさまの温かい応援のクリックが励みになりますハート(トランプ)
最初にご興味あるジャンルを、ポチッと一回だけクリックお願い致します。
(ランキングは別ウィンドウで開くので、そのまま記事をお読みいただけます。)

  

田母神都知事六本木演説.jpg

2月7日(金)、とある事情で嫌韓以降初めて、新大久保に行ってまいりました。
※詳細は後日記事にします

せっかく都心に来たのだから…と、都知事選の候補者演説にも行ってきました。
誰の応援演説に行くか?一択です。田母神としおさんでした。

六本木で17時から行われる街頭演説に参加。勢いというか盛り上がってしまい、
渋谷ハチ公前の19時からの講演にも行ってきました。

田母神さん講演の概要



17時の六本木はお勤めの人も多い場所&時間帯なので、想像よりは
人手は多くありませんでした(これが19時渋谷に行くきっかけに…)。

おかげさまで、一番前を陣取って田母神さんの政策や応援演説も
じっくり聴くことができました。なんと、握手までできたんですよーーー!!!
街頭演説に来た人同志お話もできたりして。

田母神としおさんは、元航空幕僚長という自衛隊の指揮をするエリートながら、
ほんわかキャラ。


・僕、意外といい人だって言われるんですよー(一同:笑)
・小さい身体ですが(実際160センチ台かしら?)、外国にも言うべきことは
ビシッと言います!安部総理が言いにくいことも私ならいいんですよー
・安部総理も心の奥では僕を応援してくれている。これを言ったらマスコミが
バカなこと言ってるって記事にしましてねぇ。もう一回言います。
ぜひ書いてください。僕も有名になりますから(笑)


じゃあ肝心の政策は?というと。
東京の安全(首都直下地震)はもちろんのこと、都民税の減税による消費の活性化や、
財政豊かな東京都が公共工事を行い、中小企業の活性化による経済効果…
国土ならぬ東京国土強靭化に関しても具体的にお話されていました。

一方で福祉政策は。
働くママだけでなく、家庭で子育てに専念するママ(専業主婦)への支援など。
(東京都の出生率は深刻らしい…確かにそうかもしれない)

都営住宅の三世代入居による、温かいまちづくり作りの政策もよかったです。
高齢化が進んでいる都営住宅に、子育て世帯の積極的入居をするんですって。
コミュニティができることで、子育てもだいぶ変わるんじゃないかと感じます。

教育改革(検定教科書や先生への教育など;日教組と反対側の教育)に至っては、
感動して涙が出そうになりました。

そう、そうなんですよー、私達国民が選んだ安倍政権のビジョンと同じ!
三橋貴明さんが、アベノミクスならぬタモガミクスと名付けましたね。
安部政権と同じ方向を向いている候補者は、田母神としおさんだけ!!

↓安部総理が政策をやりやすいように、東京都知事が切り開いていきます宣言!
 3分台の動画なので、現場の雰囲気を感じ取ってください(*^_^*)



脱原発しか唱えられない1億円献金トノ様とか、2.5億円献金&女性にDVのハゲゾエとか。
加害者側を助けることを生きがいにしてきたブサヨ弁護士の宇都宮とは大違い!!
原発に関しても、エネルギー政策について詳しく、ビジョンが明確でした。

7日(金)講演によると、期日前投票の出口調査結果では2位まで来たらしい!
前回は4位だったので急上昇ですよね!!少しずつ都民も気付いてきたのかしら。


都知事選は誰に投票するべきか?



言うまでもなく田母神としおさん一択です。こちらのチャートも分かりやすい!
都知事選は誰に入れるべきかチャート.png

都知事選前日の今日2月7日(土)は、関東でも珍しく大雪です。
雪が降った翌日は移動がより困難になるため、投票率減が懸念されます。
(関東平野に住む人は雪に慣れていないんです…)

選挙とか政治とか興味ないって人がどう出るのかで、都知事選の結果は変わると思います。
大雪で交通網が荒れていて、近所のスーパーでも商品が少なくなってたり。。
大雪の被害が結果的に、災害に強い東京作りへの関心となる可能性もあるのかなって。
都民の方が的確な判断をなさることを祈る限りです。。

千葉県議員さんも田母神としお応援演説でお話されてていましたが、
千葉も埼玉も神奈川も隣り合っている県。
東京が強く発展していけば、隣接県民も恩恵を受けられると信じています。

田母神としおさんに一票を投じることで、様々な問題を解決できる
都知事選挙は本当に羨ましく感じております。

田母神としおさんの政策も、私がぐっと感動したことをざっと書いてしまいましたが、
公式サイトも念のため確認しておいてくださいね。

石原都知事も後継者認定した田母神としおさん公式サイト











【この記事をツイッター(Twitter)で拡散する】






日本ブログ村のランキングにも参加しております。
この記事が面白かったなーと思われた方、応援の1クリックを
いただけますと幸いです♪
ランキングは別ウィンドウで開きます(^_-)-☆

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村


嫌韓流から日本と韓国やマスコミ偏向報道を知った女子の愛国ブログTOP


posted by なつこ at 2014年02月08日 | Comment(9) | TrackBack(0) | 政治全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする