嫌韓流から日本と韓国やマスコミ偏向報道を知った女子の愛国ブログ > リードジャパン(READ JAPAN)に嫌韓女子インタビュー掲載!



リードジャパン(READ JAPAN)に嫌韓女子インタビュー掲載!


人気ブログランキングに参加しています。
みなさまの温かい応援のクリックが励みになりますハート(トランプ)
最初にご興味あるジャンルを、ポチッと一回だけクリックお願い致します。
(ランキングは別ウィンドウで開くので、そのまま記事をお読みいただけます。)

  

READJAPAN表紙.jpg

今インターネットでちょっとした話題になっている雑誌があります。
READ JAPAN(リードジャパン)という、晋遊舎から2014年5月19日に発売された雑誌です。
READ JAPAN (MONOQLO増刊)

なんと、わたくしなつこも。
嫌韓女子の憂鬱というページで登場させていただきました!



憂国ブロガーが大いに語る「嫌韓女子」の憂鬱




「READ JAPAN(リードジャパン)」の後半の方、私のインタビューは108ページ目の見開き2ページです。
ちょうどインターネットで話題になっていた、パククネを模した犬キャラが話題の
権娘(けんむす)イラストの裏手にあります。
【衝撃画像】パククネがクネ犬にwwwwww → 韓 国 人 大 激 怒
 wwwwwwwwwwwwww|保守速報



嫌韓女子インタビューページ.jpg

私が嫌韓について思うことを1時間ほど話しまくり!
あのつまらんトークを全般的に網羅しつつも、面白さもひねりも出していただき。
一人でも多くの人に読んでもらって、笑ってスカッとしてほしい内容です。


「READ JAPAN」が大人気!amazonでも一時売切れていた理由



リードジャパンがインターネットで話題になったのは以下2つの記事でした。

  1. 権力者これくしょんの権娘(けんむす)のクネ犬
  2. 47都道府県サヨク思想汚染度ラニング


1.については、大統領を犬に模したことがお隣の国韓国では気に入らず。
韓国のメディアが取り上げたことをきっかけに、なぜか韓国人の方が
リードジャパンに熱くなり(韓国で犬に例えられるのは最大の屈辱のため)…
結果的に私達日本人も、リードジャパンを手にするきっかけとなり…
発売後1週間しないうちにamazonでは売切れになっていました。

リードジャパンと日の丸.jpg

楽天ブックスやセブンネットショッピングだとまだ手に入るでしょうか。
※5月28日現在、amazonは未だ売切、楽天とセブンは購入できます
セブンネットショッピング「READ JAPAN」販売ページ

amazonで売切れってことは、増刷も確定でしょうね(*^_^*)

こればかりは、韓国ありがとう…(^_^;)


嫌韓女子の選ぶ注目コーナーと読破ポイント



嫌韓女子の憂鬱インタビューページはぜひご一読いただきたいです。
TBSの嫌韓特集にも出させてもらいましたが、その後の報告も入れております。

私のしゃべり調子も文章によく反映されているので、実際にトークを聞いたような
臨場感があるかと思います。それにですねぇ…
編集者の方の遊び心満載の記事と言いますか、特に最後のオチがおかしくて×2!!

他には田母神閣下のインタビューとか。読んで日本というものを本当に考えさせられたり。
もっとハマったのが44ページからのあなたの政治脳タイプ診断所です。

ただの読み物ではなく、嫌韓雑誌だけでもなく。
日本でこんなことが起きてるんだなーってのもしっかり感じられるリードジャパン。
読み応えがすごいのに、1000円札で払ってもお釣りがきますよ。安い!!

本屋さんでも売切続出とのウワサも聞きました。
急ぎ&確実ならネットでもアリだと思います。


READ JAPAN 2014年7月号[本/雑誌] (雑誌) / 晋遊舎

Amazonで「READJAPAN」を探してみる
楽天市場で「READJAPAN」を探してみる
セブンネットショッピングで「READ JAPAN」を探してみる










【この記事をツイッター(Twitter)で拡散する】






日本ブログ村のランキングにも参加しております。
この記事が面白かったなーと思われた方、応援の1クリックを
いただけますと幸いです♪
ランキングは別ウィンドウで開きます(^_-)-☆

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村


嫌韓流から日本と韓国やマスコミ偏向報道を知った女子の愛国ブログTOP


posted by なつこ at 2014年05月28日 | Comment(16) | TrackBack(0) | 嫌韓・愛国の広報活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なつこさんへ、本の取材を受けたのですね。おめでとうございます。母の具合が落ち着いたらゆっくり本を読まさせていただきます。次回の動画ブログの更新楽しみにお待ちしております。
Posted by 濱 at 2014年05月28日 23:34
なつこさんお疲れ様です(^^)
コメント返事ありがとうございます☆
結構前の記事だったので見てもらえないと思っていたのでとても嬉しいです(^^)
ネットも嘘か本当か見極めが大事ですけどなつこさんの言う通りネットで真実が知れる時代で本当によかったです!
こうやってなつこさんみたいな同じ気持ちの人達とも出会えますし(^^)
なつこさんのブログ1から読んでいないので今せっせと読み返していました。
私が思っている事考えている事全てほとんどを書いてくれているので本当に嬉しいし元気がでます!!
私も買い物する時は極力made in japanです(^^)
食品は絶対どんなものも国産と書いてあるものを高くても買います!!
サントリー花王などは買わないです。
ただ服だけは中々難しいです…。
私1人が不買いしても…とか思ってたんですがなつこなんのブログ見て元気取り戻しました(^^)
後今日友達が韓国旅行に行くとルンルンで言ってきました。また違う友達はNEWSで中国尖閣諸島の問題を見て中国に刃向かおうとするから問題になる、黙ってればいいのに…と呟き…本当に悲しいです。日本の真実の歴史を知って日本がどんなに立派な国で日本人がどんなに立派な民族が理解してほしいものです。友達は中国韓国よりとかじゃなく無知なだけなんですが、20代って政治とか日本に興味もたないものなのでしょうか??
いっぱい書いちゃってすみません。
中々こうゆう事を言える時がないのでつい長くなってしまいました。ごめんなさい。
これからもなつこさんのブログ応援してますしよかったらコメントもまた度々書かせて下さい(^^)
Posted by 愛 at 2014年05月29日 05:04
>濱さん
いつもありがとうございます。私も頑張ります。

>愛さん
コメントありがとうございます!まわりが韓国旅行ルンルンとか、私達の領土、尖閣諸島について真剣に考えないとか寂しくなりますよね。20代の政治に関しては、もう個人差ですよね。私も10年前を振り返ると偉そうなことは言えないし…かと言って、都知事選では田母神さんへの投票率は20代のネット世代が圧倒的でしたし。脱原発に盛り上がる20代もいるでしょうし。
愛さんも書かれているように、日本がどんなに素晴らしい民族か。日本は世界でどう思われているのかを知らない人が多い結果、自虐史観に問題があるように感じますね。一方で、安倍政権の掲げる教育改革には大きな期待をしています。
一人でも多くの人に、それぞれの方法で日本の良さを伝えていくことがよいのではないでしょうか。
またよければ感想くださいね(*^_^*)

Posted by なつこ at 2014年05月29日 13:28
 こんにちは。子どもが夜泣きするようになったのでコメントなかなかできませんが、応援はずっとしていますよ〜!
 面白そうな雑誌ですね。見たいです!(*^_^*)。職場にさりげなく置いておこうかな(笑)。なつこさんのご活躍嬉しいです。ブログも可愛らしくて見やすい形式ですし、「ウヨク」の怖そうなイメージを壊して頂きたいです(^u^)。

 愛さんへ
 横レスですみません(>_<)。愛さんのお友達は、政治についてまだよく知らないだけなので、ちょこっとずつ愛さんが教えてあげるのはいかがでしょう?といっても政治の話を、いきなりするのは引かれます(^_^.)。なので、身近な話題からがオススメです。
 韓国旅行でしたら、食べ物が不衛生なこと、ソウルは放射能汚染がひどいこと、性犯罪がひどいこと、女性蔑視がひどいこと、などなど・・。数字を含めた詳しいデータをインターネットで調べて説明してあげるとリアリティが出ると思います。調べたことを普通に伝えるだけでドン引きしますよ(笑)。
 ついこの前、職場の同僚にセウォル号の対応のドン臭さを伝えていたら、思いっきりドン引きしていました(苦笑)。
 中国なら、ウイグルやチベットでどんなことをしているか、詳細に教えてあげたら、普通の人間の感覚を持っている人なら、必ず嫌悪感を持ちますよ。ぜひぜひ伝えてあげて下さい!
Posted by 毬 at 2014年05月31日 05:39
毬さん初めまして(^^)
わざわざコメントの御返事ありがとうございますきらきらきらきらきらきら
あまりFacebookやTwitterやブログ系を一切しないのでここに御返事を書いていいのかかもわかりませんがアドバイスありがとうございますにこにこ
でも今日友達にソウルに行こうと言われて向こうの国も民族も大嫌いやからごめんやけど行けんってゆったら笑ってじゃあ国内にしようって言ってくれましたが、今日は正直に言っちゃいましたがどう答えればいいかわかりませんでした。そして韓国に行こうとゆう友達の無知もまた残念です。毬さんが言うように少しずつ話していって何とか友達にも知ってもらうようにします(^^)
後なつこさんと毬さんは移民受け入れの問題どう思いますか??
政治に興味もったのは本当に最近なんで今の日本の現状も調べて何故移民なのかってゆうのも調べました。それでも私は納得いきません。
田母神さんも言ってるように少子化対策するならもっと女性に対して子供を産める環境を作ったらいいんじゃないんですか?女性の仕事の幅を増やすって言ってますけどそれが少子化の原因じゃないんですか?もちろん働きたい女性もいると思うのでそれはいいんですけど手っ取り早く移民で何とかしようってゆうのが納得できません。ほかの国を見ても治安は悪化して移民は失敗しているのにそれでも日本は移民を受けいれるんでしょうか?シナ人や朝鮮人うじゃうじゃ来るんじゃないんですか?安倍さんは日本を取り戻してくれるんじゃなかったんですか?私はまだ勉強したての無知なので何か知ってる事とかあれば教えてほしいです(´・_・`)
Posted by 愛 at 2014年06月04日 05:23
なつこさま、こんにちは。
トピックスとは関係ない話なのですが、先日また共産党院の母と政治論争になりまして.....。
母いわく、9条改正→自衛隊が海外の戦争に参加する→戦争に行くのが嫌で自衛隊がどんどん辞めて行く→一般人が徴兵される
とか言ってきて、本当に「ハー?」って感じでその短絡的想像力に呆れかえるばかりでしたが、私も無知だしディベート弱いんで、「それでも中国に侵略されるよりはまし!」と言い返すのが精一杯でした。
なつこ様や他の皆様だったらもっと上手に反論出来るんだろうなー、と自分の無知が情けないです。
もっと勉強しないと駄目ですね!

そして気づいたことは、左翼は死ななきゃ治らない…とゆうことです(泣)
両親に長生きしては欲しいけど…
でも、政治論争はこれからもちょいちょいやっていきたいですね。


Posted by スイートピー at 2014年06月04日 15:11
なつこさま 毎日チェックしています。
最近あるキリスト教牧師のブログに「ケンチャナ・パリパリ」というタイトルの文章に接しました。読みながら大変な失望感を味わいました。筆者には無意識ながら文章レトリック上嘘が何箇所もあると思いました。恐ろしいなあ。
韓国通のなつこさんのご感想はいかに。
http://nishinomiya.areablog.jp/page.asp?idx=1000061326&post_idx_sel=11051616
Posted by ピンポンパン at 2014年06月04日 22:33
スイートピーさま 日本共産党は宗教ですよ。
お母様は普段から、明るく生き生きされていますか、それでしたら素晴らしい方であることにしておきましょう。日共の人はだいたい暗ーい人が多いです。口を開けば社会の悪口ばかり言っていませんか。そうしてせっかく日本に生まれているのに、感謝の気持ちを聞くことがありません。戦後、世界中で日本ほど悪い国もなく、今すぐにでも戦争が始まるかのように言って恐怖心を煽ってっていました。地上の理想社会は、ソ連、中国、北朝鮮、キューバ、ルーマニア、ベトナムと言っていましたよ。当時の赤旗新聞を探し出せばすぐにわかります。ウソではありません。千里馬の北朝鮮には毎年祝電を送っていましたよ。彼らには、中国、朝鮮南北、ロシアにむけ、9条の伝道にすぐにでも行っていただきたい。その結果をはやく知らせてほしいです。内弁慶、自虐史観、エクスタシーの日本共産党は変わりそうにない。残念ながら。
Posted by ピンポンパン at 2014年06月04日 23:09
>毬さん
いつも応援いただきありがとうございます!寝不足で大変なところのコメント…本当に感謝です!
「ウヨク」も結局は、愛国者に対するレッテル貼りですものねー女性同志のコメント交流も、同じようにイメージを払拭できると思いますよ(*^_^*)
中国のウイグルやチベットは、インターネットをしないと分からない事実ですからね。一緒に伝えていきましょう☆
Posted by なつこ at 2014年06月06日 13:38
>愛さん
ここのコメント欄、ご遠慮なくどうぞ(*^_^*)
韓国に行きたくないってのは、はっきり言えてよかったのでは?と思います。だって旅行ですもの。貴重なお金を投資するのですから♪ガマンしていいことはないと思います。嫌韓とかいう以前に。
移民はもう論外ですね。働きたい女性には、男女問わず子育てと両立できる環境を。結婚と子育てに夢を持てる教育…など、やるべきことはもっとあるはずです。日本には先端技術もあるのだし。
こちらの記事もご参考にどうぞ♪
http://hankanryu.seesaa.net/article/392609495.html
Posted by なつこ at 2014年06月06日 13:45
> スイートピーさん
いやーー、私もうまく反論なんてできないと思いますよ(T_T)

「9条改正→自衛隊が海外の戦争に参加する→戦争に行くのが嫌で自衛隊がどんどん辞めて行く→一般人が徴兵される」
一つ思ったのは、自衛隊員は決してボランティアではない。日本という国を支えるために日夜働かれている誇り高い方々なんだろう、と。戦争が嫌だからという理由で大勢が辞めるってのは、どうなんだろ?考えづらいかなーって。
訓練も受けていない一般人はなかなかお役に立てないだろうし…
戦争をしにいくワケじゃないし…とか。


スイートピーさんの立場になりきって、どう反論していくかの記事も面白そうだなって思いました。
Posted by なつこ at 2014年06月06日 13:52
>ピンポンパン さん
いつもありがとうございます!更新頻度落ちていてすみません…これからも頑張ります!
さて、頂戴したリンクなのですが…

「ケンチャナ・パリパリ」
嫌韓以前にこの記事、品がないですよね。読み手をまったく考えていない。読みづらいというか読む気が起こらない…文章を書く人間として、読むに値しないというのが本音です(で、全文は読めていない)。

注)ピンポンパンさんの記事紹介を否定したワケではないので誤解しないでくださいね。自分たちとは違う思想を知るのも大切なことなので(*^_^*)これからもコレはっ?ってのがあったらどうぞ♪記事ネタにさせてもらうかもしれません。
Posted by なつこ at 2014年06月06日 13:58
なつこ様、ピンポンパン様。
お返事ありがとうございます!
なつこ様、是非とも私と母の政治論争ネタで記事書いて下さい(笑)
今回のネタでもいいし、また今後もネタが提供出来ると思いますので、お手隙のときがあれば是非ぜひ(*^^*)
母の言葉は全部赤旗の受け売りなんで、赤旗をどんどん論破してやって下さい(笑)

ピンポンパンさん、本当に仰るとおり、共産党員のことを良くわかってらっしゃると思いました。
父はキューバに憧れています。
母はドイツや北欧に憧れています。(共産主義国じゃないけど。)
二人とも日本は好きだけど、君が代、日の丸、天皇制は認めたくない感じです。(矛盾しまくり…)
それでも、近所の色んな人と上手くつきあって、モラルも守ってそれなりに幸せそうに見えますが、赤である以上は闇も感じていると思います。
安倍総理の悪口はいつも言ってるし、私が田母神さんを支持しているなんて言った時なんて、卒倒しそうになってました。
母は、浅田真央ちゃんのファンなので、キムヨナの五輪の件や、セウォル号の件ではかなり韓国に不信感を持ったようですが、そこから一歩前進することなくそのままです。
人間も60代になっちゃうと、なかなか思想は変えられないですね(泣)。

また今後も、親の共産党ネタで愚痴らせてください(;´Д`A

Posted by スイートピー at 2014年06月08日 20:33
スイートピーさま 
幼少のころから(ユーモア)、気が付けば、家には「今日のソ連邦」とか「朝鮮画報」がありました、ゆうまでもなく「赤旗新聞」までも。また、後には「人民中国」も加わりました。購読は文化大革命の騒乱の中ほどまでだと思います。子供のころから、ひしひし世界の社会主義革命が日本にも迫ってきているのを感じました。恐ろしいと思いました。いつか大きな覚悟が自分にも必要になるのだろうか。疑いのまなざしで眺めていた赤旗新聞でしたが、これではいけないと思い、大事そうな記事の切り抜きをはじめ、ため込んだこともありました。この思想と世界中に吹き荒れた学生運動、これらに関連して無数の人たちが命をなくし、争いの種をまきました。今も極左に学生運動の残党がいるのですね。長年政治運動をした人には、かれらのコミュニティーができます。いつも同じ顔ぶれを見て同じような話をしていると、なんとなく心が落ち着くのです。親思いのスイートピーさま、反発していても選挙になると、親に悪いと思いK党に入れてしまうのではありませんか。よくわかります。時は偉大なり!god bless you.
Posted by ピンポンパン at 2014年06月09日 11:58
>スイートピーさま、ピンポンパンさま

ひょーーーってな位に、不思議な世界があるんですね。家族なだけにご苦労も多いかと。
(田母神さん支持で卒倒…ってのも図が想像できてしまいました)

私ではなかなか書けない情報だと思います。グチ解消がてらぜひ、書き込んでくださいね(^_^)v

認証コード↓でストレスも発散しつつ…笑
Posted by なつこ at 2014年06月18日 13:31
 遅ればせながら本誌を読み、なつこさんを知りました。
 この雑誌、ネットで話題になっていたんですね。知りませんでした。私はサヨク度ランキングが気になって書店で本誌を手に取りました。
 私も本誌はよくできていたと思います。楽しみました。
 これからもがんばってください。
Posted by BJ24649 at 2014年06月21日 23:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/398116450

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。