嫌韓流から日本と韓国やマスコミ偏向報道を知った女子の愛国ブログ > 中国産韓国産の不買活動継続!製造国を確認して効率よく買物



中国産韓国産の不買活動継続!製造国を確認して効率よく買物


人気ブログランキングに参加しています。
みなさまの温かい応援のクリックが励みになりますハート(トランプ)
最初にご興味あるジャンルを、ポチッと一回だけクリックお願い致します。
(ランキングは別ウィンドウで開くので、そのまま記事をお読みいただけます。)

  

前回の記事の続きです。
不買活動しやすい買物のしかた:中国(シナ)韓国(朝鮮)製品は不買!

店舗の買物以外にインターネットでの買物も併用して賢く
中国(シナ)や韓国(朝鮮)のモノを一切買わなくてすむ方法です。


セブンネットショッピングで積極購買:アマゾンや楽天市場との違い



今回私が使ったインターネット通販サイトがセブンネットショッピング。
セブンネットショッピング


アマゾンや楽天市場のような、個人や小規模事業者が簡単に販売出来る通販とは違います。
イトーヨーカドー(セブンアンドホールディングス)が取り扱っているものが買える通販です。
難点はやはり、アマゾンや楽天に比べて出品数は少ないところでしょうか。

しかし、セブンネットショッピングで日用品のお買物はほぼ揃います(*^_^*)
イトーヨーカドーやセブン-イレブンの商品を日常的に買っている人は、
重たいモノを運んでもらえるという意味ではうってつけだと思います。

本や書籍に関しても、アマゾンや楽天ブックスに負けない充実ぶりでしたので、
セブンネットショッピングで買物をする時に、
日ごろ気になる本や書籍を買い足せばいいのかな?と思います。


セブンネットショッピングが不買活動に役立つ3つの理由



1:原産国製造国も同一箇所に必ず表示されているので分かりやすい



アマゾンや楽天だとショップによって記載の有無や信ぴょう性も含めてバラバラな
原産国(製造国)がわかりやすく表示されていることが大きいです。

例えば、ボディークーラーという吸水速乾のドライ素材インナーの多くは中国製。
ユニクロにも同様のドライ素材インナーがありますが、すべて中国製。
しまむらが一部日本製を取り扱っているような状態です。

セブンプレミアム ボディクーラー 婦人 カップ付キャミソール(ブラック)




セブンネットショッピングだと製造国が、商品情報の同じ場所にきっちり書かれています。






2:中国産も隠さず表示されている



トレンカという俗に言う「オシャレスパッツ」を探していました。

アマゾンで日本製のトレンカを探し、この商品をチェック。


美脚トレンカ小悪魔バージョン


製造国は商品名の下に「日本」と表記。通常ここはショップ名が書かれるところですが。。
念のため商品名で検索をすると、他サイトには中国製と書いてありました。

アマゾンや楽天の場合、出店するショップの問題かもしれないのですが、
製造or生産国表記がバラバラなので、中国製と分かるまでに、時間と手間がかかります。


セブンネットショッピングだとどうでしょう?
検索ワードに商品名を入れます。
美脚トレンカ 小悪魔バージョンM‐L 



この左下を見れば一発ですね('∀`)







同じくトレンカも色々探しましたが、日本製企業のセブンらしい記述が気に入りましたハート

MADE IN JAPANの記述




脂肪がつきやすい日本人にあわせて開発がツボ
スリムプロジェクト トレンカ M‐L





3:セブンアイホールディングスは日本企業且つ汚鮮(汚染)気配がない


セブン-イレブンやイトーヨーカドーを全般的に見てまわった主観ですが、
日本製品や親日国製品が多いと感じています。

ファミリーマートは寒流(韓流)フェアをよくやってますし、ミニストップはイオン系列。
イオンはあの民主党議員岡田の一族が経営するスーパー。親中親韓ですよねヽ(`Д´)ノ
お惣菜なんかも中国産や韓国産食材をこっそり使用しているのが問題になってます。

ダイエーはTOBでイオン傘下になる気配があります。
そもそも、アマゾンってアメリカ企業ですしね(不買ではないですが…)

出来ることからセブンネットショッピング比率を上げていこうと思っています。


ニダグググ.jpg


以上、
インターネットで効率よく賢く不買をする方法でした。

最後に、日常の不買では高めの日本製よりも、安く買いたいケースもあるかと思います。

そういう時は台湾製やフィリピン製、マレーシア製とかがいいのかも。
反日国家の製品は一切買わない!と決断すると、色々と不買方法が見えてきます。

一つの例としてご参考にして、楽しく不買活動しましょうね!

インターネットショッピングでの愛国企業応援&不買活動まとめ



1.日用品を中心に、セブンネットショッピングから探していく。
生活のすべてはセブンネットで【セブンネットショッピング】


2.アマゾンや楽天は、生産国の記載に注意。日本製と書かれていても念のため検索をして確認。
Amazon.co.jp
楽天市場

※前回&関連記事
不買活動しやすい買物のしかた:中国(シナ)韓国(朝鮮)製品は不買!
韓国製品不買活動のポイントとは?!







【この記事をツイッター(Twitter)で拡散する】






日本ブログ村のランキングにも参加しております。
この記事が面白かったなーと思われた方、応援の1クリックを
いただけますと幸いです♪
ランキングは別ウィンドウで開きます(^_-)-☆

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村


嫌韓流から日本と韓国やマスコミ偏向報道を知った女子の愛国ブログTOP


posted by なつこ at 2013年04月03日 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本愛国企業リストと日本製 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/353674455

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。