嫌韓流から日本と韓国やマスコミ偏向報道を知った女子の愛国ブログ > 【拡散】売国左翼集団(ブサヨ)の暴力事件!と警察の対応



【拡散】売国左翼集団(ブサヨ)の暴力事件!と警察の対応


人気ブログランキングに参加しています。
みなさまの温かい応援のクリックが励みになりますハート(トランプ)
最初にご興味あるジャンルを、ポチッと一回だけクリックお願い致します。
(ランキングは別ウィンドウで開くので、そのまま記事をお読みいただけます。)

  

国会が始まった1月28日に
チャンネル桜のスタッフ(女性)が襲われる事件。
加害者(ブサヨ)側につく警察の対応についてまとめたいと思います。

国会前でオスプレイ反対デモがありました。
チャンネル桜の水島社長率いる
頑張れ日本全国行動委員会(以下「頑張れ日本」)
も、それに対するデモを行います。

ニコニコ生放送で配信されていたのですが、
何だかものすごく揉めている模様。こういう状況でした。

頑張れ日本側からこの様子を中継していた
チャンネル桜
のカメラマン女性。

オスプレイ反対デモに参加をしていた学生に、取材に応じてくれた御礼をして、
チャンネル桜の名刺を渡していたところ。。
彼女が一人になった隙を狙って60代の男性が
「撮影するなー(ファビョーーーーーン!)」
と、カメラレンズを取り押さえる。引き続き
女性を体当たりで押し続けるという危害を加えたようです。

↓現場の様子(証拠動画)



これだけでも同じ女性として、日本人として腹立たしいのに。。
女性は被害を訴えて警察も間に入るのですが、
その警察官(麹町署「平●」「高●」)がなんと…
加害者を取り押さえることもなく、調書も取らず。
被害女性自身が何とか、加害者を逃がさないようにする事態に!!

私が生中継で観たのはこの辺からでした。
どう観ても、被害女性をなだめようとしている様子。
加害者側をまったく捜査しない。
これだと被害者としても被害届を出しても意味がない。しかも加害者は目の前にいるのに…

それを観て、私自身がファビョリました(^_^;)そこで、麹町署に電凸!
すると、同様の問い合わせが殺到している、と。
現場でも大勢の署員がいるから、事実究明に当たるの一点張り。

とにかく、被害女性が加害者側、つまり
ブサヨオスプレイ反対集団の近くで
事情徴収し続けるのは辞めさせろ!と訴え、一度抗議の電話を終えました。

同じ女性として本当に…あの
麹町署の取り調べ模様が許せなかったのです!!

今回の件も、被害女性はちゃんと真っ当な訴えをしても、
「まあまあ」とも言いかねないなだめっぷり。明らかに
被害女性軽視の姿勢も去ることながら、
ブサヨ加害者を擁護しているようにしか見えませんでした。

このへんは動画がありませんでしたが、
同様の問い合わせが来ている、という麹町署の回答から察してくださいまし。。

ちなみにその後、もう一件暴力事件が起こったようです。
オスプレイ反対デモを行なっているのは
プロ市民と呼ばれる反体制で生きてきたおっさんおばさん
彼らは真っ当な対抗意見に真っ当に返すことなく、ファビョって暴力で返すという…
そんなに日本がイヤなら出て行けばいいのに(^_^;)
こちらの捜査はどうだったのでしょうか…


さて、
警察官はなぜブサヨを擁護するのでしょうね?こんな動画を思い出しました…
民主党に反するプラカードを持った男性たちが取り押さえられた言論弾圧事件!





警察はいつから、主義主張を元に捜査判断をするようになったのでしょうか?
民主党や左翼集団にとってマイナスになり得る人を弾圧しようとする姿勢…
もっと中立的に捜査を出来ないのでしょうか?

今回に至っては、被害女性は警察官に、自分が襲撃された動画も3回も!
見せていました。
その証拠動画では加害者の顔も割れてますし、少なくとも生中継で
3,000人近くの人が全国で観ていたのですよ…

だいたい、、
日本国民と市民を守るのが仕事じゃないのですか?!

すべての警察官がそうだとも言い切れないのですが、
オスプレイ反対デモにしても、新橋言論弾圧にしても、
何かおっきな力が働いているように見えるのは私達、日本国民だけなのでしょうか…

今回の、麹町署への電凸多数で少しでもおかしな捜査体制が改善されることを祈ります。

そして感じました。
「電凸って意外と大事なのだな」
と。声を上げるのは日本国民固有の権利なので(^_^;)

最後に、チャンネル桜でもこの抗議デモの全体像が報道されていました。

テレビや一般メディアでは、相変わらず…
オスプレイ反対デモしか報道されていないようなので。
どこの国のマスメディアなんだよぉ。。

週末などはこちらの動画で事実、現状を観られることをオススメ致します。。

28分の長めの動画なので、取り急ぎブックマークなどして
時間がある時にじっくり観てみることをオススメします。








【この記事をツイッター(Twitter)で拡散する】






日本ブログ村のランキングにも参加しております。
この記事が面白かったなーと思われた方、応援の1クリックを
いただけますと幸いです♪
ランキングは別ウィンドウで開きます(^_-)-☆

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村


嫌韓流から日本と韓国やマスコミ偏向報道を知った女子の愛国ブログTOP


posted by なつこ at 2013年01月30日 | Comment(0) | TrackBack(0) | 汚鮮と除鮮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/317017029

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。