嫌韓流から日本と韓国やマスコミ偏向報道を知った女子の愛国ブログ > 自虐史観を解き放てる歴史教科書で日本の歴史を学び直そう



自虐史観を解き放てる歴史教科書で日本の歴史を学び直そう


人気ブログランキングに参加しています。
みなさまの温かい応援のクリックが励みになりますハート(トランプ)
最初にご興味あるジャンルを、ポチッと一回だけクリックお願い致します。
(ランキングは別ウィンドウで開くので、そのまま記事をお読みいただけます。)

  

2013年年はじまりに購入をしてずっと読んでいた本があります。
歴史の本?教科書?どちらかと言うと歴史教科書です。
日本の歴史を日本人として、もう一度学びたくなりました。

ただ一般的に本屋さんで売られているのは
山川日本史というもの。まさに
学生時代に手にしていたものの市販版でした。あまり変化がない。

そこでインターネットで調べてみると。
日本人が自国の歴史に誇りを持てることを目指す
日本の歴史教科書の市販版が!!


日本の歴史とペアで語られるのが
自虐史観という言葉。簡単に言いますと、
日本の大戦敗戦後にGHQによって進められた教育体制。
戦争責任は日本にあるということを前提にしているもの。
日本の歴史を否定的に捉えることを意味しています。
つまり、戦争を起こしたという反省の念を日本人に植え付けさせ、
同じことを繰り返さないようにした政策の一つですよね。
自虐史観詳細(ウィキペディア)


このコト自体は反韓になったきっかけである
嫌韓流のマンガで知りました。
※参考:嫌韓流のまとめ
嫌韓流まとめ&嫌韓流4がamazonで出品!!!


そんな自虐史観的教育が行われていることも知らず、私自身は
日本史の授業が大好きでした。特にその中でも
社会科の先生がこう言ったことが人生を変えたようにも思います。


「中国と韓国は同一文化圏。二国と深く関係を持つことが
日本人として果たすべきことだ。」



このことが頭に残っていたからか、大人になってからは中国語や韓国語を学び、
語学の実践として中国韓国に一人旅をしまくりました。今思えばあの先生は日教組だったのかしら?


↓韓国民俗村が捏造韓流(寒流)ドラマを盛り上げるの図
韓国民俗村にて.JPG



歴史教科書に戻りますと、日本国の歴史にも関わらず
中国韓国が日本史の教科書に口出し出来る条項もありますね。
近隣諸国条項です!
近隣諸国条項詳細(ウィキペディア)


結局は近隣国と言っても特定アジアと呼ばれる反日国家(中国・韓国・北朝鮮)のことですし、
軍の「進出」という言葉が気に入らなくて「侵略」にしたり、
朝日新聞の捏造である「従軍慰安婦」を入れろとか揉め事になっていたのは
ニュースで見たことある人も多いのではないでしょうか。


そもそも他国が自国の歴史教科書に関与するのはおかしい!内政干渉ニダ!!

以下はインターネットで学び、知った日本の歴史の真実です。
心に響いたのは大きく5つです。


◆日本の歴史の真実
・中国韓国(特定アジア)以外の国は親日国が多い
・太平洋戦争は「大東亜戦争」という日本国の呼び方を禁じて作られた歴史用語であること
・その「大東亜戦争」があったからこそ欧米列強の植民地だった
 アジア諸国(特定アジア除く)は独立を果たしている。
 日本に感謝していただいている国も多い。
・日露戦争でロシアに勝った黄色人種国、日本が戦争に勝った意義は
 欧米列強にとっては脅威であり、アジア諸国に対しては希望だった
・明治から大正時代にかけては日本は国力のある民主国家だった


こういうことが抜けた教科書で自国の歴史を学んでいたらですよ。そりゃぁ…
日本に誇りは持てませんよぉ。。


個人的な体験談として言いますと、こういう教育が後に
近隣諸国条項外国人参政権夫婦別姓というものが議論の場に成り下がってしまった
経緯にもなるのではないでしょうか。


このインターネットで知った知識をさらに客観化させたくていわゆる
自虐史観に囚われない歴史教科書に近いものをアマゾンで色々調べた結果、
この書籍を購入にしました。



DSC_0234.jpg


買ってよかったです!大人が歴史を学び直すのにぴったりですね。


本自体は手に持つと大きめですが、重たくはないですね。
内容はすべてがカラーで文字も大きく、ふりがなもちゃんとふられています。
内容は中学生向けということですが、大人が読んでも簡単すぎるとかはありません。
ボリュームがけっこうあります。まだまだ読み切れていないですし。


山川の歴史教科書と明らかに違う!!と思ったのは
近代史以降にもちゃんとページが割り当てられていること!!!!


明治以降の近代は138ページから始まります。
全体が262ページなので教科書全体の約半分が、明治時代以降となります。


↓138ページ(ここから近代史)/262ページ(全体)
DSC_0231.jpg



ちゃんと「太平洋戦争(大東亜戦争)」と重ねて書かれており、
なんで併記しているかの補足も説明されています。(214ページ)

DSC_0232.jpg



新しい日本の歴史教科書なので、
大人が日本の歴史を勉強し直すにはピッタリですね。もちろんお子さんも!!
通学する教科書を自分では選べないでしょうが、こうやって一般書籍化されているなら
日本の歴史教科書は自分で選択できます。


自国の歴史を客観的に学ぶ権利は、本来日本国民に与えられている権利なはず!!
私もまだまだ勉強中ですが、一緒に頑張ってお勉強しましょうねヽ(^。^)ノ


◆購入した歴史教科書の詳細 ↓
「新しい日本の歴史こんな教科書で学びたい」をアマゾンで探す
「新しい日本の歴史こんな教科書で学びたい」を楽天市場で探す









【この記事をツイッター(Twitter)で拡散する】






日本ブログ村のランキングにも参加しております。
この記事が面白かったなーと思われた方、応援の1クリックを
いただけますと幸いです♪
ランキングは別ウィンドウで開きます(^_-)-☆

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村


嫌韓流から日本と韓国やマスコミ偏向報道を知った女子の愛国ブログTOP


posted by なつこ at 2013年01月08日 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本国民として(愛国・日本の歴史など) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/312155799

この記事へのトラックバック