嫌韓流から日本と韓国やマスコミ偏向報道を知った女子の愛国ブログ > 【拡散】マスコミを潰す方法!偏向報道という放送法違法行為に凸



【拡散】マスコミを潰す方法!偏向報道という放送法違法行為に凸


人気ブログランキングに参加しています。
みなさまの温かい応援のクリックが励みになりますハート(トランプ)
最初にご興味あるジャンルを、ポチッと一回だけクリックお願い致します。
(ランキングは別ウィンドウで開くので、そのまま記事をお読みいただけます。)

  

※本ページはコピペOK大歓迎です!念のためですが、
サイトやメルマガなどではリンク付与や抜粋の記載等、
著作権を順守された上でご対応いただけるとよいかと思います※




安倍政権が始まりさっそく偏向報道が始まっています。
民主党政権発足時は「ハネムーン期間」と称して
100日間は物申さないと言ってたくせに…
マスコミは確定してもいない人事を派手に報道したり、
自民党批判に明け暮れています。

そんな中で偏向報道、印象操作など偏向著しいマスコミの報道をやめさせる方法が!

まずはこの動画を確認してくださいませ。
18:18からISO26000のお話が始まります!




おおきく流れは3つですので、ざっくりまとめますね。
1)と2)は民放、3)はNHKに対しての方法です。

1)民主党の唯一の成果?国際標準化機構 ISO26000批准
2)スポンサー企業に放送法違反企業への資金提供の違法性に関して問い合わせ
3)NHKは株主総会にあたるものがあり、視聴者は参加できる




以下に、ひとつずつ説明していきます。

1)民主党の唯一の成果?国際標準化機構 ISO26000批准
大手企業はコンプライアンス重視だと言われている昨今、
メディアの偏向報道は放送法第4条に違反しています。ところが、
罰則行為がないのが問題です。

そこで新兵器。2012年3月に国際規格として日本も批准した
ISO26000(JISZ26000 コンプライアンス)
企業倫理を国際ルールにしたもの。
民主党はよく分からずにOKしちゃったようですね…

放送法という法律に違法する放送局に対する
スポンサーとしての資金提供。これはまさに
コンプライアンス違反なんですね。国際規格に違反する以上、
このような企業は国際取引をしてはいけないことになります。

つまり。
マスコミに資金提供をしていて且つ、国際取引の
発生する大手スポンサーに対し。
放送法違反のマスコミへの資金提供は同社の
コンプライアンスに問題がある。そのことに対して
調査ならびに解決方法を問い合わせをするのです。

いったん放送法を確認しましょうね。
あまりにも守られていないので笑えますよ(^_^;)


※放送法違反第4条とは?<以下放送法のHPより抜粋>
(国内放送等の放送番組の編集等)
第4条 放送事業者は、
国内放送及び内外放送(以下「国内放送等」という。)の
放送番組の編集に当たつては、
次の各号の定めるところによらなければならない。
1.公安及び善良な風俗を害しないこと。
2.政治的に公平であること。
3.報道は事実をまげないですること。
4.意見が対立している問題については、
できるだけ多くの角度から論点を明らかにすること。



まさに罰則規定がないことにより野放しにされてきた
現実があるとも言えます。

2)スポンサー企業に対し、放送法違反企業への資金提供という違法性に関して問い合わせ
企業はコーポレート・ガバナンス(企業統治)を
守る必要があることから、違法行為の監督責任を持ちます。
監督責任は、社長や執行役員なのですね。
違法行為の解決については社長直属組織が
弁護士などの第三者を入れて、一般案件とは別に
解決しなくてはならないと定められています。

加えて企業統治・違法行為に関する案件は
役員会にかけると同時に、該当企業はIRなどを通じて
公表をしなくてはならない。再発防止策も同様です。

これを行わない企業はISO26000(JISZ26000)という
国際規格に違反しているので、
海外取引は行えないことになります。
例)自動車や化粧品を海外で販売するメーカー
  海外から輸入して販売する大手流通会社

そのため、テレビを観て放送法に違反していると思ったら
各自の意志で違法脱法案件であることをちゃんと述べる。
違法案件に対し調査をして再発防止策を
会社として発表するように依頼する。

結局はスポンサー企業を通じて
メディアを監視するのも国民の仕事であり、
コーポレート・ガバナンスを守る
企業の仕事だと言うことですね。

注意点としては、脱法行為・違法行為の案件として
スポンサー企業に対しても調査を求めること。決して
クレームや文句だと受付で終わりになってしまう。
必ず再発防止策を求めるようにしましょう。


3)NHKは株主総会にあたるものがあり、視聴者は参加し意見できる
NHKも偏向報道がひどくて有名ですよね。海外版もひどかったですし。
しかしながらNHKは株主がいません。強いて言えば
視聴者が株主というワケですね。そこで、
NHK経営委員会というのがあります。役割は株主総会みたいなもの。

経営委員会が直接発足して開き、集まった視聴者の意見を聞いて
議事録に記録。番組制作に活かさないといけない決まりがあります。

NHKのホームページにて
視聴者の皆様と語る会
を見て自由に参加し、報道に関し思ったことをぶつける。
これらの意見はちゃんと議事録に記録し、
自局内のテレビで報道して(=自分の恥をさらして)いく義務がある。
またこれに違反すると、社長直々国会招集で叩かれるワケです。

※NHK経営委員会
視聴者の皆様と語る会
https://www.nhk.or.jp/keiei-iinkai/hearing/index.html

※NHK経営委員会の規定関連
https://www.nhk.or.jp/keiei-iinkai/about/index.html


以上です。どうですか?なるべく短くまとめたかったのですが、
けっこう長文になってしまいましたね。けれども
マスコミを潰せる方法としては理にかなっているなと感じます。

一度自分なりに理解をして、おかしいなと思ったら
スポンサー企業を調べて問い合わせをしていきましょう。
国民一人ひとりの行動で、おかしくなった
報道体制にメスを入れていきましょうね!
今後自分で行った活動はこのブログでもアップしていきますので
一緒に頑張りましょう!!

最後に、チャンネル桜のみなさまやまとめサイト運営者のみなさま。
動画アップいただいた方、ありがとうございました!!

※参考:まとめサイト NewsUS
http://www.news-us.jp/article/309602200.html






【この記事をツイッター(Twitter)で拡散する】






日本ブログ村のランキングにも参加しております。
この記事が面白かったなーと思われた方、応援の1クリックを
いただけますと幸いです♪
ランキングは別ウィンドウで開きます(^_-)-☆

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村


嫌韓流から日本と韓国やマスコミ偏向報道を知った女子の愛国ブログTOP


posted by なつこ at 2012年12月25日 | Comment(4) | TrackBack(0) | ISO26000のスポンサー問い合わせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なかなか興味深い放送のご紹介ありがとうございます。しかし聴き終わってから、具体的にこんな場合に、こうしたらいいのだなあ、というふうに思い浮かびません。考えられるたとえ話を使ってお話してもらえないと。それから民放の場合ですと、一番組にいくつものスポンサーが付きますね、全部のスポンサーを訴えるのですか。それから広告といえば電通がらみとよくお聞きします。電通にもなにかはたらきかけずにいいのですか。
Posted by ピンポンパン at 2013年03月15日 00:10
>ピンポンパンさま

コメントありがとうございます('∀`)
一番組にいくつものスポンサーがついたら、その企業のホームページを見て、海外取引を行なっているかどうかをチェックしています。

花王、イオン、P&G、ライオン辺りへの凸が結局増えてくる感じがしますね。

電通へは今のところは考えていないです。だいぶ乗っ取られた会社だし、スポンサー企業がお客さまなわけですからね。

これは私の考えなので、何か一つの行動を起こしやすくすることが大事と思い、テンプレを作りました。ピンポンパンさま始め、みなさまのお役に立てることを祈りながら…
Posted by なつこ at 2013年03月15日 15:16
日本の復活は反日マスゴミを潰すことなくして有り得ない、これに尽きると思いますね。こんなに簡単に反日親中親韓マスゴミを潰せるならお安い御用ですよね。まずは、腐痔・テレ朝・TBS・NHK等といった放送局の放送免許が剥奪されるように努力することが重要ですね。他にも「反戦平和は免罪符」でもお馴染みの琉球新報や沖縄タイムズ等といった反日クソ極左沖縄痴呆メディアに対して沖縄県民は固より本土の日本国民も怒りの鉄槌を下すべきですね。
Posted by 瓦版 at 2013年05月05日 16:27
>瓦版さん
そうなんですよ、スポンサーがテレビ局任せにせず、会社として社会的倫理に従うようにまで持っていけるといいですね。

Youtube張り替えのため9月にこのコメントを書いていますが、スポンサー企業がテレビ局にまかせっきりの状況が見えてきました。
今一度戦略を練るため、新しいISO26000解説の動画を↑に貼っておきました。

何とかしたい…
Posted by なつこ at 2013年09月03日 11:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック