嫌韓流から日本と韓国やマスコミ偏向報道を知った女子の愛国ブログ > 約束の日〜安倍晋三試論 (小川榮太郎)を読んで…



約束の日〜安倍晋三試論 (小川榮太郎)を読んで…


人気ブログランキングに参加しています。
みなさまの温かい応援のクリックが励みになりますハート(トランプ)
最初にご興味あるジャンルを、ポチッと一回だけクリックお願い致します。
(ランキングは別ウィンドウで開くので、そのまま記事をお読みいただけます。)

  

安倍晋三さんが総理大臣を辞職後を追いかけ続けた
小川榮太郎さん著の
・約束の日 安倍晋三試論
はすでにお読みになりましたか?

私はあえてアマゾンから買いました。なぜなら、
アマゾンランキングは
一部テレビ番組でも発表をしていること。また、
書籍はアマゾンで購入する人が多いので、
実績作りに応援をしたかったからです。

ちなみに本日現在の
・ 本 > 社会・政治 > 政治 > 政治家
では2位をマークしております。
安倍さんご本人の書籍も5位に!!
同じように応援している人が多いのでしょうねわーい(嬉しい顔)


※2012年12月5日アマゾンランキング
本 > 社会・政治 > 政治 > 政治家

20121205-1.jpg

約束の日は、3度目を読み終わりました。
まだ読んでいないよという方には
ネタバレの可能性があり大変申し訳ないのですが、
胸が熱くなり自然に泣けるポイントを共有したく…
一部中略して
抜粋させてもらいますexclamation×2

ハンカチを持ってかみしめて読んでくださいね('∀`)


◆「約束の日」より概略抜粋-----------

安倍が最初の所信表明(注訳:総理大臣の話)で
素直に述べかけたように
「新しい国創りに共にチャレンジしたいと願う
すべての国民」一人ひとりの物語、
日本人一人ひとりの気付きを通しての
新たな国生みの「物語」の始まりなのだ。


安倍晋三内閣総理大臣が再び誕生する日。
尖閣や竹島、震災復興や原発問題で動揺し続ける
日本国のリーダーに、世界中が注視する就任記者会見。
「戦後レジームからの脱却」を、
国民と世界に宣言するその日…


第二次安倍政権の挑戦が、国民共有の
物語になった時、我々は胸を張って
「日本人」に戻ることができるだろう

--------------------------------------

あえてどのページから抜粋したとは
書いていませんよ。せめてお楽しみのために…(笑)

どうですか?胸にこみ上げるものがあるとしたら、
あなたはちゃんとした日本人だと思います。

この本を通して思うこと。それは安倍さんは、
禁じ手の政策を口だけではなく実行したこと

最初はマスコミの攻撃も
朝日新聞くらいだと思っていたかもしれません。

けれども既得権益を失う可能性のある人々が…
総叩きで安倍内閣を潰そうとしたあの1年間の
闘いの記録が臨場感たっぷりに書かれています。

同時に、当時はテレビや新聞の情報を鵜呑みにして
ごめんなさいと思うほどです。


私ははっきりと正直に言って。
日本人に生まれてきてよかったなんて。
30年ちょい、ほとんど
思ったことがありませんでした。
戦争を体験していないことくらいでした。


他国を植民地にして侵略戦争をした国。
経済も弱くて借金が多い国。
そんな国の国民だと思うことも何か複雑で…
韓国始め、海外旅行ばっかり言ってました。
日本語はほとんど勉強せず、
外国語ばかり勉強していました。

その背景にはもしかしたら、
自虐史観教育の影響があったのだと思います。

2012年はこともあろうに隣国のバ●大統領の
竹島上陸や天皇謝罪発言をきっかけに…
インターネットで情報を収集した結果、
安倍政権の実績を知ることができました。

もしかしたら安倍さんが心の底から
成し遂げたいことは
教育改革なのか?と。
「美しい国へ」を読んで感じました。


近いうちに…(笑)私も子供を産んで
将来子供が大きくなって歴史を習う頃は…
私たちのような自虐史観教育ではなく、
日本人として生まれてよかったって。
日本が大東亜戦争に踏み込んだことで、
アジア各国の人々も感謝をしてくれてるって。
そう誇りに思ってほしい。そんな教育が
当たり前になっててほしいと心から願いました。

私達や子どもや孫が…
日本人に生まれてよかったと思える国
その第一歩が安倍晋三内閣樹立だと。
だから私達はリベンジしなくてはならない!!


とはいえ、敵も多いですよね。
安倍さんがテレビに出演すれば、
ツイッターに非難の声がわんさか×2…
ウジ虫のように湧いてきます(^_^;)

けれども小粒…に注目するのではなく、
一人でも多くの人にこの真実を伝えていこうexclamation×2

この安倍晋三の想いに賛同できる人。
一緒に闘って守って行きましょうねexclamation×2










【この記事をツイッター(Twitter)で拡散する】






日本ブログ村のランキングにも参加しております。
この記事が面白かったなーと思われた方、応援の1クリックを
いただけますと幸いです♪
ランキングは別ウィンドウで開きます(^_-)-☆

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村


嫌韓流から日本と韓国やマスコミ偏向報道を知った女子の愛国ブログTOP


posted by なつこ at 2012年12月05日 | Comment(2) | TrackBack(0) | 安倍晋三総理を断固支持 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「約束の日 安部晋三試論」の検索でこのページに巡り逢いました。私も貴女と同じ世代(33歳)ですので、お気持ちがよくわかります。特に私は三重県出身ですので、あそこは日教組が強くて、中学校のときなんかわざわざ夏休みに登校させられ、捏造の可能性が極めて高い南京事件に関する映像も見せつけられました。今でもそんなことをしているのなら即刻産経新聞に通報ですね(笑)

そんな私ですが20代後半にある日覚醒しました(自分でもよく覚えていないんですが、確か日下公人さんの本が影響したような)。それ以来、新聞テレビは信用していません。

ですので、このような形で情報発信をしていただき、より多くの方が「事実」を知るきっかけになることを切に望んでいます。

色々な方面から横やりが入るかもしれませんが、もう我々は騙されません。これからも共に頑張りましょう!
Posted by 共に頑張りましょう at 2013年02月09日 09:26
>共に頑張りましょう さん

日教組ヤバいですね!夏休みを使ってまで洗脳教育って。。情報ありがとうございます!

20代後半で覚醒したってすごいですね。確かにテレビや新聞の情報は必ずウラや疑いを持って見るようになりました。

私達30代はある意味社会の中心世代(なはず)なので、日本人を一人でも洗脳から解き、国がよくなるよう、一緒に頑張って行きましょうね!

これからもよろしくお願い致します。
Posted by なつこ at 2013年02月10日 18:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック