嫌韓流から日本と韓国やマスコミ偏向報道を知った女子の愛国ブログ > 外国人参政権をくれくれと言ったのに自国の選挙には参加しない件



外国人参政権をくれくれと言ったのに自国の選挙には参加しない件


人気ブログランキングに参加しています。
みなさまの温かい応援のクリックが励みになりますハート(トランプ)
最初にご興味あるジャンルを、ポチッと一回だけクリックお願い致します。
(ランキングは別ウィンドウで開くので、そのまま記事をお読みいただけます。)

  



くれくれ詐欺なお話です。
上記ニュースに絡めて書いていきます。


外国人参政権を韓国含めて在日外国人がくれくれと言っています。
理由は簡単で、日本を自分たちに取って
優位な方向に持って行きたいためです。

簡単な統計で申し訳ないのですが神奈川県民として、
横浜市と川崎市の在日韓国朝鮮人と中国人の
各市での人口比率を調べてみました。
ソースはそれぞれの市のホームページで
2012年度版のデータです。

横浜市と川崎市_在日中国朝鮮人の割合比較_2012.jpg

これは個人的になのですが私が、
横浜市と川崎市でどっちで買物した方が
在日にお金が行かないかを試算する上で出したのですが…
ほとんど変わらないですね。およそ1%に満たないくらい。
強いて言えば、川崎市の方が多いでしょうか。
横浜が中国人が多いのは中華街の影響もあるかもしれませんね。

じゃあ。
外国人参政権を与えても日本に何も影響ないからよこせ、と
在日外国人やそれを支援する特定の日本人が言います。

いいえ、違います。それは
日本の国益や利権の絡む特定地域に
外国人が押し寄せて彼らに選挙権を与えていれば

結果はどうなるかは明白ですよね。

島根県に多数の韓国人が住民になって選挙したら?
沖縄県に多数の中国人が住民になって選挙したら?

日本という国が奪われてしまうと思いません?
現状の外国人比率の低さはまったく関係ないですよね。
むしろ油断をさせるミスリードです。

というわけで、
外国人比率が多くないからと外国人参政権を与えてしまうのは
大変危険
だというお話でした。

あっ、ちなみに外国人が
「自分たちも税金を払っているから選挙権よこせ!」
と言ったとしても、この主張も違いますよ。
これが通れば、20歳未満の人たちも源泉徴収等で税金を払えば
選挙に参加できるという理屈になりますから
(笑)
税金とは日本またはその地方のインフラを使っている対価として
払うものですからねー。


最後に、そんな日本の参政権をくれくれという在日韓国人も。
2012年の韓国大統領選から本国で
選挙に参加できるようになりました。

これが冒頭のニュースなのですが、
その申請手続きをしたのは全体の
2.7%らしいですね。少なっ!!

言い訳としては、手続き申請のために
韓国大使館や領事館に2回は行かないといけないこと。
申請資料が韓国語なのでしづらい等々があり…

けれどそれって違いますよね。
私みたいな日本人だって勉強すれば韓国語は読めます。
韓国人が読めなくてどうするんだよー(^^ゞ

いいえ、あれだけ欲しかった選挙権です。
そんな関門を乗り越えてでも、ぜひ、
母国の選挙にこそ参加いただきたいですね!!

当たり前のことなんですが、
日本の国政、地方政治には一切関与しないでいただきたい。
そう思わざるを得ないニュースでした。

Korean Go Home… 




【この記事をツイッター(Twitter)で拡散する】






日本ブログ村のランキングにも参加しております。
この記事が面白かったなーと思われた方、応援の1クリックを
いただけますと幸いです♪
ランキングは別ウィンドウで開きます(^_-)-☆

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村


嫌韓流から日本と韓国やマスコミ偏向報道を知った女子の愛国ブログTOP


posted by なつこ at 2012年10月30日 | 韓国朝鮮(トンスルランド)の真の歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。