嫌韓流から日本と韓国やマスコミ偏向報道を知った女子の愛国ブログ > 過去ログページ



ライオンのISO26000違反(TBSnews23xの放送法違反)は長期戦で


人気ブログランキングに参加しています。
みなさまの温かい応援のクリックが励みになりますハート(トランプ)
最初にご興味あるジャンルを、ポチッと一回だけクリックお願い致します。
(ランキングは別ウィンドウで開くので、そのまま記事をお読みいただけます。)

  

先日のTBSのnews23x 放送法違反の問い合わせについて
ライオンから回答が来ました。

ISO26000偏向報道テンプレ:TBSnews23xの放送法違反に対するLION問い合わせ


一言で申しますと、お決まりのテンプレートっぽい
回答でございました。もちろんお客様窓口からの
さらっとした返信…

------------以下抜粋--------------------- 
平素はライオン製品をご愛用いただきまして、
ありがとうございます。
ご連絡いただきました件、弊社と致しましては、
該当番組内での広告枠を購入している立場にあり、
番組内容につきましては、
制作著作者に全ての決定権があり、
弊社は制作内容には一切関与することができません。

 しかしながら、弊社といたしましても、できるだけ多くの皆様に、
快適に提供番組を楽しんでいただけることを望んでおりますので、
お客様から頂戴しましたご意見は、テレビ局側に伝えて参ります。
 以上、お返事申し上げます。
--------------抜粋完了--------------------

私にはこれが一定のテンプレートに思えました。
それで正直カチーンと来てしまいました。

しかしながら、自分の記事を見て思い出したのですが、
ライオンのお客様窓口って250文字の制限があり、
あっさりとした問い合わせしか出来なかったのも
事実ですね。


ライオンのISO問い合わせは、まずは声を上げて返信が来たら、
その返信で
ISO偏向報道のテンプレを使って回答をすると
いいかもしれないと思いました(^_^;)


【拡散】ISO26000コンプライアンスに対しスポンサー企業に違法問い合わせするテンプレ


ライオンの場合、文字制限事情があるので
一番よいのは電話かもしれないですね。。

電話での問い合わせが難しいという人は
メールでのやり取り、ご参考くださいませ。









【この記事をツイッター(Twitter)で拡散する】






日本ブログ村のランキングにも参加しております。
この記事が面白かったなーと思われた方、応援の1クリックを
いただけますと幸いです♪
ランキングは別ウィンドウで開きます(^_-)-☆

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村


嫌韓流から日本と韓国やマスコミ偏向報道を知った女子の愛国ブログTOP


posted by なつこ at 2013年01月17日 | Comment(0) | TrackBack(0) | ISO26000のスポンサー問い合わせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【注意!】韓国で出産した小雪…子供は二重国籍


人気ブログランキングに参加しています。
みなさまの温かい応援のクリックが励みになりますハート(トランプ)
最初にご興味あるジャンルを、ポチッと一回だけクリックお願い致します。
(ランキングは別ウィンドウで開くので、そのまま記事をお読みいただけます。)

  

最近賑わっていた小雪、松山ケンイチ夫妻の韓国出産!

小雪が番組の収録で韓国の産後養生院を訪れ、
二度目の出産以降はここで産みたいというお話。

おそらくこの番組です。短めの動画。
小雪…日本の保育園になかなか入れないことと
出産後の養生はまったく話が違うだろ?!と
ひとり、突っ込んでしまいましたよ(;一_一)




おいおい、生まれたばっかの赤ちゃんの手足の自由を奪うなよ…
2分あたりのところでボーゼン。。

ステマ臭がプンプンしてますね。。つまり韓流と同じく、
著名な芸能人を使って韓国にお金が流れるよう誘導しているとしか思えないのです。
というより、小雪がチョソに見えてきた…


韓流は韓国の国家ブランド委員会というところが
日本の電通や芸能事務所などにお金をばら撒いて作ったものだと言われています。

※参考
国家ブランド委員会

始めから韓流ブームがあったかも疑問ですが、
韓流はすっかり終わりきっているので、焦った韓国が
必死にサムゲタンを広告したり、小雪を広告塔に
韓国での出産を促したりしているでしょうね。

おそらく私のように、李明博で嫌韓化した日本人も多いのではないでしょうか。
一大市場だった日本人の嫌韓化は…
観光立国である韓国にとっては大打撃でしょうね。

さて、この騒動のタチが真性の悪質だと思うのはですね。。
・出産という一大事に、不衛生且つ反日国に身ごと飛び込ませる危険さ
・子供の国籍問題に影響
の2点に集約できると言えます。

在日韓国人や韓国人が里へ返って(笑)
出産するのとはワケが違うことを、韓流やサムゲタンや
PSYとかいうデブッチョオヤジと一緒にしていることです!!
フジテレビは16日の朝番組でステマのごとく
戦後産後院の紹介をしていたみたいですね。
リスクも一切報道せずに…

小雪&松山ケンイチの国籍がどうだか分からないのですが、
日本人同志の夫婦が韓国で出産すると
生まれてくる子供は韓国と日本の二重国籍になります。


子供は20歳までにどちらかの国籍を選択する必要があり、
じゃあ両親と同じ日本国籍にしようと思うと…
韓国籍を外す必要があるのですね。
韓国籍を外す場合は男性の場合は兵役が義務。。
ものすごく恐ろしいことじゃないですか?!

まあ男女どちらであれ、日本で産んでおけばこんな厄介事はないわけですし。
子供の国籍が二重国籍になるなんて子供が何よりもかわいそうです。
普通に日本国内で産んでおけば生じない問題ですので。

どういう意図のステマかの真意は分かりませんが、
戦後産後院に近いものは日本でもあるようです。
いえ、産後は退院したらしばらくは日本の実家で
のんびりしたほうがよっぽど母子にはいいような気がしました。


※参考情報

韓国で出産の小雪、産後院と金銭等でトラブル…産後院は韓国警察に告訴し、警察は小雪に対する調査を開始

小雪(コ・ユキ)が韓国で捕まりそうなんだがwwww

【画像9枚】小雪がステマした産後院キモすぎワロタwwww









【この記事をツイッター(Twitter)で拡散する】






日本ブログ村のランキングにも参加しております。
この記事が面白かったなーと思われた方、応援の1クリックを
いただけますと幸いです♪
ランキングは別ウィンドウで開きます(^_-)-☆

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村


嫌韓流から日本と韓国やマスコミ偏向報道を知った女子の愛国ブログTOP


posted by なつこ at 2013年01月16日 | Comment(2) | TrackBack(0) | 汚鮮と除鮮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

麻生太郎の祖父吉田茂の「日本独立」を学べる動画


人気ブログランキングに参加しています。
みなさまの温かい応援のクリックが励みになりますハート(トランプ)
最初にご興味あるジャンルを、ポチッと一回だけクリックお願い致します。
(ランキングは別ウィンドウで開くので、そのまま記事をお読みいただけます。)

  

今日は家事をしながら動画でも…と思い、Youtubeを開いてたら見つけた動画。
敗戦後の日本国独立の経緯がよく理解出来るのでつい見入ってしまいました。

あの麻生副総理大臣のおじいさまで戦後長期政権を行ったあの
吉田茂元総理がどうやって独立を果たしたかという内容です。

長らくの外交経験から大東亜戦争には反対しその結果、
吉田茂元総理は独房の中で戦後を迎えます。
戦後と共に開放されて外に出たら焼け野原の日本…
そしてGHQの占領が始まります。

政府としてもアメリカとの交渉をしていかなくてはならない。
その中で吉田茂元総理は豊富な外交経験から総理大臣となります。

「戦争に負けて外交に勝つ」という言葉がとても印象的でした。
当時は冷戦も始まったのでアメリカにとって日本は、位置的にも共産国との砦。
これは日本にとっての強み。一方、GHQに作られた日本国憲法にある
「第九条 戦争放棄」によって、日本自身も軍隊がなく、安全が脅かされている。
この部分の駆け引きが見事だと感じました。

1945年の敗戦から約6年後。
1951年のサンフランシスコ講話条約で日本は独立を果たします。

先に独立を果たした同じ敗戦国であるドイツやイタリアは…
多額の賠償金を背負わされ、多くの領土も奪われての独立でした。
その中でも日本が負う賠償金は、連合国からは放棄の回答。
日本国の領土の大半は守った形での講和条約の調印となりました。

私は1970年代の生まれなので、戦争は体験していません。
生まれてからずっと、平和と言われる世界で生きています。
サンフランシスコ講和条約と併せて結ばれた
安全保障条約によって担保されたものにすぎないとしても…

当たり前にこの世界を生きているけれど、裏には
このような外交手腕によって作られた世界に生きているに過ぎないのだなと。
本当にありがたく感じる一方で、最近のシナ・朝鮮を始めとした近隣諸国の状況は
この日本国の平和のあり方を問われているのだと痛切に感じました。

動画は全部で6つあり、一つが10分程度なので合計すると1時間近くになります。
時間が空いた時に観るとよいかと思います。

関連動画がうまく拾えなかったので「6-1〜6-2」のリンクを貼っておきますね。
以降は関連動画で続きを観られるはずです。







以後「6-6」まで。

6-6の最後のあたりでおっきな笑顔の吉田茂元総理の写真。まるで
麻生さんの笑顔を見ているようでした。そして麻生さんは副総理大臣ながら実は
安倍総理を支えてくれている存在なのかと感じます。
なんだか胸が熱いですね('∀`)

今…というよりこれから数年かけて戦後体制が大きく変わろうとしています。
個人的には2度の参院選で自民党が議席を多く取り、
長期政権になるのでは?と考えています。
(望んでいます、というのが正しい表現ですが…)

そんな時に、今の日本国が成り立った背景を知っておくといいのかな、と思いました。

先日購入したこの歴史教科書と合わせて、
ゆっくり日本の歴史を学び直そうと思いました。

↓先日の記事です
自虐史観を解き放てる歴史教科書で日本の歴史を学び直そう

そして、その日本人の志を揺らがすマスゴミには。
一日本人として徹底的に闘わなくては!と思いました。









【この記事をツイッター(Twitter)で拡散する】






日本ブログ村のランキングにも参加しております。
この記事が面白かったなーと思われた方、応援の1クリックを
いただけますと幸いです♪
ランキングは別ウィンドウで開きます(^_-)-☆

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村


嫌韓流から日本と韓国やマスコミ偏向報道を知った女子の愛国ブログTOP


posted by なつこ at 2013年01月13日 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本国民として(愛国・日本の歴史など) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする